商品レビューまとめ記事

ドメイン参加するとWindowsファイアウォールは有効になる。無効化するなら覚えておこう

本記事対象者
無効化したはずのWindowsファイアウォールが有効になってて焦った方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

サードパーティー製のウイルスソフトを導入する場合は競合するので、OS基本設定時にWindowsファイアウォールを無効化しておくことが多いのですが、ドメイン参加したタイミングで有効になっててハマりました。

無効化したはずのWindowsファイアウォールが有効になる

OS基本設定で無効化したはずのWindowsファイアウォールが有効になってしまう。
それは「ドメイン参加」が原因でした。

ドメイン参加すると、ドメイン用のWindowsファイアウォール{ドメインプロファイル)が追加され、自動で有効化されてしまうんですね。

ドメイン参加前は「プライベートネットワーク」「ゲストまたはパブリックネットワーク」の2つしかありません。
ドメイン参加前のファイアウォール状態
Windowsファイアウォールの設定

「プライベートネットワーク」「ゲストまたはパブリックネットワーク」のどちらも無効化していたとします。
Windowsファイアウォール 設定のカスタマイズ

それがドメインに参加することによって「ドメインネットワーク」が追加されます。
ドメイン参加後のファイアウォール状態
ドメイン参加によって「ドメインネットワーク」追加

しかも、「ドメインネットワーク」が勝手に追加されるだけでなく、勝手に有効化されてしまうから困ったものです。
Windowsファイアウォール有効化

ドメイン参加後はWindowsファイアウォール設定の見直しを

「ドメイン参加したら、ドメイン用のファイアウォールが追加されて有効になる」

忘れがちなので注意が必要です。
他との通信が出来なくて、切り分けの際に「Windowsファイアウォールは最初に無効化したしなぁ?」なんて認識しちゃうと、ハマる可能性があります。

上述した通り、ドメイン参加するとWindowsファイアウォールが有効になりますので、使わないならきっちりと無効化しておきましょう。
Windowsファイアウォールすべて無効化

ithinkit

OS基本設定手順として、「ドメイン参加後にWindowsファイアウォールを無効化する」という手順にした方が良いかも知れませんね。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)