あいしんくいっとオススメ商品レビュー

Windowsサービスをtaskkillコマンドで強制停止する方法

本記事対象
Windowsサービスが停止出来なくてお困りの方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

サービスが停止出来ない。なぜだろう?

サービス一覧からサービスを停止しようとしたのですが、「停止処理中」のステータスとなったままサービス停止出来ない。
停止処理中のままのサービス

しかも、困ったことにグレーアウトして何も操作出来なくなってしまった。。。
グレーアウトして操作出来ないサービス

サービスを強制停止したい場合は「taskkill」コマンドを使うことで実現出来ます。

taskkillコマンドを使ってWindowsサービスを強制停止する方法

停止したいサービスのPIDを調べる

taskkillコマンドを使うには、強制停止させたいサービスのプロセスIDを調べる必要があります。
強制停止したいサービスのPIDを調べる上で簡単なのはタスクマネージャーから確認する方法。
タスクマネージャーでPID確認
停止したいサービスのPIDは「19884」であることが分かりました。

taskkillコマンドでサービス強制停止

taskkillコマンドで停止したいサービスを強制停止します。監視者ユーザーでコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

taskkillコマンド実行
taskkill /pid <PID番号> /f
Windowsサービス強制停止
これでサービスを強制停止することが出来ました。

サービス一覧を見ると停止出来なかったサービスが停止していました。
サービス一覧でプロセス停止確認

Point
/fを付与しないと停止出来ない。普通にサービス停止出来ない状態だし、当たり前かw

taskkillコマンド
C:\Users\Administrator>taskkill /pid 19884
エラー: PID 19884 のプロセスを強制終了できませんでした。
理由: この処理は、/F オプションのみで強制終了できます。
/fオプションがないと強制停止に失敗する

サービス強制停止はサービスの依存関係を無視して停止してしまうので、普通にサービス停止出来ない時の切り札として覚えておくと良いと思います。
(安易にサービスを強制停止してしまうとその他のサービスに影響が出ることが多いので、通常は普通にサービス停止しましょう)

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)