商品レビューまとめ記事

ADドメインに参加しているコンピュータのホスト名を変更した時の挙動について

本記事対象
ADドメインに参加しているコンピュータのホスト名を変更した時の挙動について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

ADドメインに参加しているPCのコンピューター名を変えたい。

前に「ADドメイン参加・脱退、ホスト名変更時の挙動について」といった記事を書きました。
【Windows】ADドメイン参加・脱退、ホスト名変更時の挙動について

ドメイン参加しているコンピューターのホスト名を変更した場合、どういった挙動になるのでしょうか。
AD上のコンピューターオブジェクトの挙動も含め、少し掘り下げて調べてみたいと思います。
AD上のコンピューターオブジェクト

Point
あくまで「ActiveDirectoryユーザーとコンピューター」「DNSレコード」のみを確認。GPOまでは意識していません。

AD参加しているコンピューター名の変更

Win2019-cl1というドメインに参加しているコンピュータのホスト名を変更します。
コンピュータのホスト名を変更

ホスト名の変更はシステムのプロパティから「コンピューター名の変更」で行います。
システムのプロパティからコンピューター名の変更

ホスト名変更後、OS再起動します。
OS再起動

AD参加しているコンピューター名を変更した時の挙動

  • 「WIN2019-CL1 → WIN2019-CL99」にコンピューター名を変更

クライアント側でホスト名して再起動すると、ADに登録されたコンピューターオブジェクト名が自動的に変更されました。
コンピューター名変更

Active Directory ユーザーとコンピューターのオブジェクト同様、DNSレコードについても自動で書き換わりました。
DNSレコード

AD参加しているコンピュータのホスト名を変更したとしても、特に影響は確認出来ませんでした。
AD上のコンピュータオブジェクトの名前、DNSレコード(*)は勝手に変更されました。

Point
(*) クライアントコンピューターのネットワーク設定で、「この接続のアドレスをDNSに登録する」にチェックが入っていること。

AD参加しているコンピュータのホスト名を戻すとどうなるか

変更したクライアントコンピューター名を元のホスト名に戻してみます。
すると、AD上のコンピューターオブジェクト名も元に戻りました。
AD上のコンピューターオブジェクト名

DNSレコードも元に戻りました。
DNSレコード


AD参加しているコンピュータのホスト名を変更した時の挙動ですが、コンピューターオブジェクト名およびDNSレコードは勝手に書き換わるので特に影響はなさそうです。ホスト名を元に戻しても問題なく書き換わったので対処も特に必要なさそうです。

Point
GPOでクライアントコンピューター名に対して何らかの処理を行っている場合は別途対応が必要。(ログオン/ログオフスクリプトとか)

SIDが変わっていなければ、同じコンピューターとして認識されるので、AD参加しているコンピュータ名を変更しても特に影響はない。
(あくまで個人的に検証した結果ですが・・・)

ithinkit

参考まで。

以上、あいしんくいっとでした。

2 COMMENTS

アバター とむ

SIDが変わってなければ同じコンピュータと認識されるはずですよ。

返信する
あいしんくいっと あいしんくいっと

コメントありがとうございます。頂いた情報をもとに記事修正させてもらいました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)