あいしんくいっとオススメ商品レビュー

トラックボール(MX ERGO)の掃除方法。クリック効かなくなったら試してほしい

カバー開いたMX ELGO

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

使ったことない人には不評ですが、慣れるとめちゃ便利なトラックボール。
3年ほど快適に使えていたMX ELGOですが、頻繁にチャタリングが発生するようになってしまいました。
チルト機能で20度ロジクールのトラックボール「MX ERGO」購入から3年経過したのでレビュー!!

非常に使いづらく何もしない訳にはいかないので、

ithinkit

とりあえず掃除したら直るかな〜?

ってことでトラックボールの掃除方法について書いておきたいと思います。

注意
掃除前にトラックボールの電源OFFしておきましょう!
トラックボール電源OFF

トラックボール(MX ERGO)の掃除方法

トラックボールセンサーの掃除

まずはトラックボールセンサーの掃除から。ボールペン1本あればできます。
ペン穴からボールを押し出し、
トラックボール取り出し

3箇所あるセンサーに溜まったホコリをそれぞれ取り除きます。
3箇所あるセンサー位置

エアダスター等あればゴミを吹き飛ばせるので掃除がめちゃ捗ります。
エアダスター

トラックボール内部の清掃

チャタリング解消には電池を抜いて10秒ほどおく必要があるらしいのですが、MX ELGOは充電池内蔵型です。
仕方ないのでカバーを外して充電池を取り除くことにします。ついでにクリックセンサー部分も掃除しておきます。

注意
普段からカバー外してまで清掃する必要はありません。内部清掃は危険を伴うので自己責任で!

MX ERGOのカバーのネジ止めは全部で6箇所。
MX ELGOの取り外しネジの位置

ただ通常のネジ穴ではなく、星型なので注意が必要。
星型ネジの拡大画像

星型ドライバーは準備しておきましょう。このような精密ドライバーがあると便利です。
精密ドライバー

MX ERGOのカバーをパカっと開くとこんな感じ。チャタリング解消の対応として内蔵バッテリー取り出したいと思います。
カバー開いたMX ELGO

静電気除去(チャタリング対策)のため、バッテリーを取り外そうとしてのですが、しっかりと固定されていて取り出せませんでした・・・。
なので、バッテリーケーブルを外して少し時間をおくことにしました。
バッテリーケーブル外す

ついでにクリックするときに触れるセンサー部分のほこりをエアダスターで吹き飛ばしておきました。
クリックセンサー位置


MX ELGOのトラックボールセンサー部分の掃除、チャタリング対策(完全電源OFF)、クリックセンサーの掃除といった一通りの掃除が終わりました。

掃除前はクリック操作に難(チャタリング)がありましたが、症状は少し改善されたように思います。
まぁかれこれ3年ほど使ってるし、完璧に直すのはもう無理なのかも知れない・・・。

トラックボールは“ボールの滑りが命”的なところざあるので、気が向いた時にでも掃除してみることをオススメします。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)