運営者プロフィール

腰痛を予防するために必要なまとめ。「予防こそ最大の攻め」なり。

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

「そいつ」はいつも唐突にやってくる。

「ずーん」とした重い痛みをともなって。

「やってしまった」と自覚する時すでに遅し。

「時に何の前触れもなく」やってくることもある。

それは一体、何なのか。

そう。

「腰痛」

です。
e87e9b91ef4fa4658e835999ba6b741e_s
過去に一度、“ギックリ腰をやっちゃってる”私には、常に腰痛の恐怖がついて回ります。

体感的に冬場は多いような気がしなくもないのですが、「定期的にやってくる感じ」でしょうか。
んで、一度来ると治癒するのに1週間はかかりますね。。。困ったモンですorz
しかも、腰痛と同時に風邪ひいて咳とかと絡むともう最悪です。
腰に響いて、響いて昇天しちまう。

若い頃は「腰痛なんてご高齢の方がなるモンでしょー♪」とか、バカにしてたんですけどね。
いざ自分がなってみると、ツライのなんのって。。。

ホント大変なんすよ、腰痛って。

今まさに腰痛と闘ってるんで、予防とか、改善方法とか色々調べたんで書いておこうかなと。

「腰痛と闘う全ての方に贈ります!」

腰痛の予防(初級編)

まずは腰痛の予防の初級編から。
普段の暮らしにちょっとだけ組み込むカタチなので敷居は低いと思います。
なお、立っている場合と座っている場合で対応方法が異なります。

座っている場合

  • やや浅く腰掛ける
  • 背筋をまっすぐ伸ばす
  • 腰が反らないよう注意する
  • 猫背にならない
  • 背もたれに寄りかからない

立っている場合

  • まっすぐ立つことを心がける
  • 重心を真ん中に保ち、左右の足に偏った力をかけない
  • 肩がけ鞄をやめる、手持ち鞄も左右交互に持つ

日頃から意識しておくこと

今から挙げるのは日常生活から意識しておくと良いもの達です。

  • 中腰や前かがみといった姿勢をとらない
  • 同じ姿勢を30分以上とらない
  • 重い荷物を持つとき、体を曲げる、ひねるといった急激な動作に注意

また、動作に視線の先を合わせることも重要

  • 適度な運動を心がける
  • お風呂上りには「腰を伸ばす」
  • 腰を冷やさない(温めると良いらしい)

全てを一気に実行するのは大変なので、ひとつひとつこなしていけば良いかと。

腰痛の予防(中/上級編)

ストレッチ、トレーニングが必要な予防方法です。
正直、敷居が高いと思います。

  • ストレッチとトレーニングを行う(インナーマッスルを鍛える)腰を守る深層筋肉が上手く機能できるようにする
  • 腰痛予防のストレッチ
  • 腹式呼吸、キャットバックストレッチ、プランク

詳細は書かないでおきましょう。
正直、続けられる気がしない・・・(笑)
興味があるのであれば、ご自身で調べてやってみてください(投げやりw)

どうですか。

上に挙げたコトを知っておくだけでも、けっこう変わってくると思います。
私も知らないことだらけでしたが、ひとつでも多く実践して行きたいと思っとりますw


腰痛なんて、この世から消えてなくなってしまえ〜!」

腰痛に関連するコチラの記事もオススメです♪
腰痛、ギックリ腰になった際の予防と対策について考える。事実、人間腰を痛めるとどうにもならない。

以上、あいしんくいっとでした( ̄Д ̄)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)