サイバーマンデー開催間近!商品レビューまとめ記事

CentOS7でrootユーザのパスワードを変更する方法【旧来のシングルユーザモード的な】

本記事対象
rootユーザのパスワードを変更する方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

やべぇ。rootユーザのパスワード忘れた!

Linuxを使っているとrootユーザのパスワードを忘れてしまうことがあります。
s-9a86c024-511f-4827-a320-b6aad5f8ae7b201602082225
本番環境ならまだしも、検証環境であったらrootユーザのパスワードの扱いも適当になりがちですからね(笑)

と言うわけで、今回は「CentOS7でrootユーザのパスワードを忘れてしまった場合の対応」について書いておきたいと思います。
CentOS6.xといった旧来のように「シングルユーザモードでログインして~」といった手順とは多少異なる手順になってます。

Point
試した環境はCentOS7.1

rootパスワード変更手順

GRUB2起動画面で編集

以下のカーネル選択画面で「e」を押して「編集モード」に入ります。
s-b066e65e-b4d4-4a5f-8952-da98562399bd201602082225

編集画面で「linux16」から始まる行を以下のように編集します。
編集前)rhgbとLANG=ja_JP.UTF-8の記載を削除
s-43895460-463f-4729-b6ab-731aecb59714201602082225

編集後)rw init=/bin/shと追記
(英語キーボード入力になるので”=”は^ボタン)
s-e40bafc3-e4e5-4499-9d91-9b8e67ab9373201602082225

編集完了後、「Ctrl」 + 「x」で起動させる。
s-9b121375-e4ab-4ae1-9721-a4fc84cf0267201602082225

rootユーザのパスワード変更

コンソールが起動してきたら、rootユーザのパスワードを任意のものに変更。

passwdコマンド
# passwd
s-8ba9ed7a-b552-409c-8bc6-ef57a122c64f201602082225

rootユーザのパスワード変更が完了したら、以下のコマンド実行。

execコマンド
exec /sbin/init
s-8ba9ed7a-b552-409c-8bc6-ef57a122c64f201602082225

変更したrootユーザのパスワードでログイン

通常モードで起動してきたら、変更したrootユーザのパスワードでログイン出来ることを確認。
rootユーザでログイン出来たらOK。
s-2dcf8fa0-d9d8-4596-b8e9-3367a29a59f7201602082225

ithinkit

rootユーザのパスワードを忘れてしまうと、業務に支障をきたしかねないので、
今回紹介した手順を頭に叩き込んでおきたいですね~♪

以上、あいしんくいっとでした(‘◇’)ゞ

2 COMMENTS

アバター すがはら

初めまして。
自宅でcentosによるファイルサーバーとadサーバーの構築を勉強してます。
adサーバーを設定している際、/etc/pam.d/配下のファイルを修正する必要があったのですが、間違った修正をしてしまったようで、
すべてのユーザーでログイン不可になってしまいました(rootユーザーも・・・)。
そこで、こちらのページを参考にしてrootユーザーのパスワードリセットを試みたのですが、項目「パスワードを変更」でpasswdコマンドを入力すると”permission denied”になってしまいました。
何か回避策をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。

返信する
アバター あいしんくいっと

すがはらさん、初めまして。

/etc/pam.d配下のファイルはLinuxのユーザ認証部分を司っています。
そのため、/etc/pam.d以下が間違った設定の状態ではrootユーザはおろか、一般ユーザのパスワードでさえリセットすることは出来ないと推測されます。
ですので、”/etc/pam.d以下の設定を元の状態に戻すこと”を最優先で行う必要があると考えます。

私が思いつく解決方法としては、以下の通りです。
・シングルユーザモードでログインして、/etc/pam.d以下の設定を元の状態に戻す
・思い切ってOS再インストール

元の状態が分からない状態なのであれば、同一OSバージョンのcentosを別途用意し、そちらの設定を見ながら直すと良いと思います。
最悪の場合は、OS再インストールしかないかと思います。

以上、ご参考まで。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)