運営者プロフィール

車のポジションランプ交換手順。チカチカしだしたら交換のサインかも

本記事対象者
車のポジションランプを交換したい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

以前、車のポジションランプを変更した時の記事を書きました。
車のポジションランプの交換手順。ポジションランプの交換は自分で出来るよ。

それから半年経たずまたもやポジションランプがチカチカするようになりました。。。
チカチカしてると何だか恥ずかしくなって、信号待ちとかでもライト消すのをためらうようになってしまって、「こりゃ、このままだといけない!」とポジションランプを再び交換することにしました。
正直、

ポジションランプって半年でダメになったりするの?

って怒りモードになりかけましたw

ポジションランプがチカチカしだした原因は?

ポジションランプが半年でダメになった原因。
それはたぶん、安物のポジションランプを買ったことだと思います。
ポジションランプひとつとってもやはり「安かろう、悪かろう」なんでしょうね。

しかも、48連ポジションとか言う代物だったので、壊れやすかったんだとも思います。
だって、普通に考えて”48個ものLEDがすべて生存してなきゃいけない”なんて普通に考えると無理っぽいし。

とは言え、LED48連ってこともあってそれなりには明るかったんですけどねー。
ただ、半年でチカチカしてくるとさすがに萎えちゃいますね・・・。

やっぱり何でもかんでも”ケチっちゃダメ”ってことでしょうね。ちょっぴり反省・・・。

ポジションランプ購入

そして、今回購入したポジションランプはこちら。

Amazonで大体2,000円位でした。

前回の教訓を生かし、激安の「〇○連ポジションランプ」ってのは買わないことにしました。

今回はPHILIPSというメーカーの正統派ポジションランプにしました。
すでに買ってから調べてみたところ、それなりに名の通ったメーカーのようですね。

Check! X-treme Ultinon ポジション T10 360°

ポジションランプ交換手順

左が48連ポジションランプ、右が今回購入したPHILPSのポジションランプ。
ランプの数が多い分、左のほうが明かるそうな気がするんですけどね。

では、ポジションランプ装着。

装着して点灯確認したところ、ポジションランプが発光せず・・・。
おかしいなーとランプの挿す向きを変えたところ、無事に発光。

どうやら、ポジションランプの挿す向きがあるらしい。初めて知ったわ。
よく見ると確かに左右非対称だしね。
とりあえず、取り付け後は「ポジションランプの点灯確認」は必須ってことで!

とりあえず、両方のポジションランプを装着して使っているのですが、今のところは良好。
ポジションランプなのでそこまで明るさは求めてないけど、やっぱ明るいほうが嬉しいですね♪

今回購入したPHILISのポジションランプはそれなりに明るいと思います。

ithinkit

とりあえず故障しないことを願いつつ、使っていきたいと思いまーす♪

車の鍵の電池交換もサクッと出来るのでチャレンジしてみても良いかも。
車の鍵が電池切れ。電池交換は自分で簡単に出来るよ

以上、あいしんくいっとでした。
車のポジションランプの交換手順。ポジションランプの交換は自分で出来るよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)