あいしんくいっとオススメ商品レビュー

リッチテキストのファイルサイズを縮小する方法。Word形式に変換するとよい

本記事対象
リッチテキスト(.rtf)をWord形式(.doc)に変換してファイルサイズを小さくする方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

WindowsサーバーといったMSOfficeがインストールされていない環境で手順をメモする際、「ワードパッド」を使って画面キャプチャを撮りながら作るのですが、作り終わってからリッチテキストのファイルサイズに驚愕することが多いです。
50M超えのリッチテキスト

ちょっと画像貼るとファイルサイズ50M越えとかザラ・・・。

ワードパッドで作成したリッチテキスト(Rich Text Format)を縮小する方法について書いておきたいと思います。
リッチテキストのファイルサイズを縮小といってもWord形式に変換するだけでOK。

リッチテキスト(.rtf)をWord形式(.doc)に変換

Wordがインストールされたパソコンでリッチテキストを開き、「名前を付けて保存」を選択します。

[ファイル] – [名前を付けて保存]
Word名前を付けて保存

あとは任意の保存先を選択し、プルダウンから「Word文書(*.docx)」を選択して「保存」するだけ。
doc形式で保存

これでリッチテキストからWord形式にドキュメントが変換され、ファイルサイズが劇的に小さくなりました。
wordファイルのプロパティ

doc形式に変換するとサーバーで開けないので注意

リッチテキスト形式からWord形式に変換してしまうと、当然ですがMSOfficeがインストールされていない環境だと開けなくなってしまいます。
手順が完成してから変換することをオススメします。Word形式からリッチテキストに逆変換も出来るけど面倒なので・・・。

ithinkit

逆変換とか出来るけど、面倒・・・。

doc形式からリッチテキストに変換

Point
リッチテキストからWord形式に変更し、Word形式からリッチテキストに戻すとあら不思議。ファイルサイズが小さくなる不思議。


ファイルサイズが小さいと可用性優れるのでアップロードにも便利です。リッチテキストはばんばんWord形式に変換しておきましょう!

ithinkit

これでもうリッチテキストは怖くない!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)