【副業】ランサーズで副業を始め、月に5000円以上稼ぐ為に実践していること

どもども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

副業

それは「本業以外の仕事をして収入を得る」という事を指します。
本業の収入だけで暮らしていけるのが理想的だという事は誰でも分かっているのですが、現実はそう甘くはありません。
聞くところによると、日本人の約5人に1人が副業をしているとも言われています。
8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

以前書いた記事でも言いましたが、私が副業を始めたキッカケも、やはり本業だけでは収入が少ないので副業をする事によって少しでも家計の足しになればといった思いもあっての事でした。

そもそも、副業とは本業で疲れた身体にムチを打って行うものですから、その大変さは言うに及ばずです。
とは言え、私も気がつくとランサーズの仕事の分類として「タスク」に分類される仕事を1年以上、作業数で数えると2000件以上こなして来ました。

ランサーズタスクの内容はブログ記事を書いたり、アンケートに答えたりといった比較的簡単なものなので空いた時間に出来るというのが、最大のメリットであり、そうであったからここまで続ける事が出来たのだと思っています。

そこで、今回はランサーズでの副業について詳しく書いておきたいと思います。
個人的な主観で書きますが、これからランサーズで副業を始めたい方にとって少しでも参考になれば幸いです。

【副業】ランサーズで副業を始め、月に5000円以上稼ぐ為に実践していること

何故、ランサーズで仕事をするようになったのか?

一口にクラウドソーシングサービスと言っても、クラウドワークス、ココナラ、JOB-HUBといったように様々なクラウドソーシングサービスがあります。

私の場合、最初はクラウドワークスで仕事をしていて、ある時にランサーズの存在を知り、それから少しの間はクラウドワークスとランサーズを掛け持ちでやっていました。

当初はクラウドワークスでの稼ぎの方が多かったのですが、ある時期を境に文字あたりの単価が徐々に悪くなっていき、結果的に文字単価が高かったランサーズ一本に絞って仕事するようになったのでした。

ちなみに私が良い案件の目安としているのが、ブログ記事一つあたりで400文字で108円であればそこそこ良い案件とみなしています。

作業はいつ行っているのか?

通勤電車の行き帰り、及び本業の昼休憩にスマホを使って作業するようにしています。
smartphone
時間にするとトータルで1時間位だと思います。
一時期は家に帰ってからもやっていたのですが、最近は家ではやらなくなりました。
休日は家でもやりますが、朝早くにやったりしてなるべく家族の前ではやらないように心掛けています。
(それで何度か揉めたことがありましたのでw)

一日にこなす仕事量は?

仕事量は特に決めていませんが、良い案件の有無、その日のモチベーションによっても変わります。
大体一日でトータル200円以上を目標として作業するようにしています。

例えば、400文字108円を2個すれば216円が稼げますので、それで良しとしたりしています。
そもそも良い案件がなければ、何もしない日もあったりします。

ランサーズタスクでの注意点は?

ランサーズタスクの場合、募集案件は基本的には早い者勝ちです。
ですので、良い単価の案件が出たらすぐに応募する事を心掛けた方が良いと思います。

あとは応募してからは1時間以内に仕事を完了させないと仕事内容は全て削除されてしまいます。
とは言え、作業の途中で何らかの理由で作業が出来なくなった場合でもペナルティといったものはなく、特に何も気にする必要はありません。

ただし、指定された内容及びルールを守って記事を書くのはもちろんの事、クオリティが余りにも低い場合は非承認となり、ペナルティを受ける場合がありますが、最低限のルールを守っていれば非承認になる事は少ないので安心して下さい。

ちなみに私は今までに2000件以上やってきましたが、非承認になったのはたった5件だけです。
ですので、しっかりやれば何も恐れる事は無いと思います。

始めるならここから。

クラウドソーシング「ランサーズ」

長々と書きましたが、ランサーズタスクをこなすための参考として貰えれば幸いです。
他にも色々とあるのですが、それはまた別の機会に書きたいと思います。
それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)