商品レビューまとめ記事

EC2デフォルトログインユーザについて【Windows/Linux】

本記事対象者
EC2インスタンスのLinux系OSデフォルトログインユーザが分からない方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

AWS(Amazon Web Services)で用意されているAMIでEC2インスタンスを立ち上げた場合、OSによってログイン出来るユーザがあらかじめ決まっています。
WindowsのAdministratorは置いておくして、Linux系デフォルトユーザは種類があって分かりにくいです。

ということで、今回は「デフォルトで設定されているLinuxのログインユーザ」について書きたいと思います。
AWS初心者の方には是非、読んでおいてもらいたいです。

Windowsデフォルトログインユーザ

WindowsのEC2インスタンスへの接続はリモートデスクトップで接続を行います。
デフォルトで設定されているログインユーザはおなじみの「administrator」になります。

ログインパスワードはあらかじめ作成しているキーペアをAWSコンソールで登録することによってパスワード取得を行います。
詳しくは下記を参照して下さい。
参考 インスタンスの起動後に Windows の管理者パスワードを取得するにはどうすればよいですか?aws.amazon.com

注意
セキュリティ向上のため、デフォルトパスワードから変更しておくことをお勧めします。

administratorパスワードは下記のDOSコマンドで簡単に変更することが可能です。

DOSコマンド
>net user administrator <任意のパスワード>

Windowsで簡易なパスワードを設定したい場合、以下の記事が参考になるかも。
【Windows】簡易なパスワードを設定!パスワードポリシーを変更する方法

Linux系デフォルトログインユーザ

次はLinux系(AmazonLinux, RedhatLinux, CentOS, Ubuntu)のログインユーザになります。
Linux系のインスタンスへの接続は基本的にSSHで行い、ログインはパスワードではなく秘密鍵を使用した鍵認証になります。

OS種別ログインユーザ備考
AmazonLinuxec2-user
CentOSec2-user
2015/04/19修正
centos
CentOS6までは「centos」
RedhatLinuxec2-userRedhatLinux6までは「root」
Ubuntuubuntu

Linux系インスタンスでの「root」ユーザについて

なお、Linux系のインスタンスで「root」ユーザへの昇格はsudoコマンドを使います。

例)sudoコマンドでroot昇格
[ec2-user@hogehoge ~]$ sudo su -
[root@hogehoge ~]#

おまけ:鍵認証からパスワード認証への変更方法について

セキュリティ的に問題があるのであまりオススメは出来ないのですが、以前にそういった変わった要望がありましたので、おまけとして記載しておきます。

例)AmazonLinuxの場合

rootユーザにスイッチ
# sudo su -

2. /etc/ssh/sshd_config編集
下記のように編集します。

/etc/ssh/sshd_config
#PasswordAuthentication no
PasswordAuthentication yes

3.ssh再起動して設定反映

ssh再起動
# service sshd restart
Stopping sshd: [ OK ]
Starting sshd: [ OK ]

4. ec2-userのパスワード設定

ec2-userのパスワード設定
# passwd ec2-user
Changing password for user ec2-user.
New password:<任意のパスワード>
Retype new password:<任意のパスワード>
passwd: all authentication tokens updated successfully.

以上でec2-userで設定したパスワードでもログインが可能になります。
ですが、セキュリティ的には宜しくないのでくれぐれも自己責任でお願います。


AWS使う上で知っておいておきたいことは以下にまとめています。
絶対に知っておきたいAWSの使い方10選。3年使ってみて感じたこと。

以上、あいしんくいっとでした(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)