商品レビューまとめ記事

Chromeでhttpからhttpsへ強制リダイレクトされる場合の対処法

本記事対象者
Chromeでhttpからhttpsへ強制リダイレクトされる場合の対処法について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

Let’s EncryptのSSL/TLS証明書を使ってWordPressの全面SSL化を行ったのですが、訳あって戻すことにしました。
Nginxの設定を戻し、「よし!これでOK」と思っていたのですが、Chromeからhttpアクセスすると何故か「httpからhttpsに強制的にリダイレクトされる事象」に遭遇・・・。
うーむ。これはおかしい。

Nginxの設定はどこをどうみてもhttp仕様になっているし、WordPressだって入れ直した。
もちろん、Chromeの履歴全削除とか、キャッシュ削除とかも試したみたけど効果なし・・・。
出来うる限りの手を尽くしたにも拘わらず、Chromeでhttpアクセスすると何故かhttpからhttpsに強制的にリダイレクトされる。
んー。一体、ナゼ?
このサイトにアクセス出来ません
なんでかなー?といろいろ探っているうちにhttp→httpsリダイレクトされる原因が分かりました。

原因は「HSTS」にありました。

Chromeでhttpからhttpsへ強制リダイレクトされる場合の対処法

そもそも「HSTS」 とは?

HSTSとは、「HTTP Strict Transport Security」の略称で、RFC6797で標準化されているらしい。
要は「一度、HTTPSで接続したドメインに対しては、以降HTTPで接続した際でも、強制的にHTTPSへリダイレクトし、以降のそのドメインへの接続はすべてHTTPSとする機能」というものらしい。

ithinkit

なんて傍迷惑な仕様・・・・。ハマっちまったじゃねーか!

しかも、Chromeの場合は対象ドメインがブラウザにハードコーディングされるという。。。

ChromeでHSTSを削除するには

Chrome開いて、以下のURLへアクセスします。
chrome://net-internals/#hsts

すると、HSTS画面が開くので、
ChromeのHSTS画面

Delete domainに削除対象ドメインを入力して削除します。
Delete domainで対象ドメイン削除

すると、とりあえずhttpからhttpsへリダイレクトされることは無くなったが、画面が真っ白。。。

何が原因なのかは分からないけど、原因解明にはまだまだ時間がかかりそう・・・。
むやみやたらにHTTPS化なんてするもんじゃないね。

ちなみにURLを少し変えると画面が表示される。
WordPressのトップ画面

ithinkit

うーむ。分からん。

Nginxへ以下の設定追加で解決!

Nginxの設定ファイルに以下の行を入れてあげれば表示させることが出来ました。

add_header Strict-Transport-Security "max-age=0; includeSubdomains";

そういや、SSL化するときにしれっと以下の設定を入れておいた気がしなくもない・・・。

add_header Strict-Transport-Security "max-age=31536000; includeSubdomains";

意味も調べずに設定してしまうと、ほんとロクなことがない。

何にしても解決出来て良かった!
最悪、ドメイン取り直しかと思ったよ。。。
表示されたWordPressのトップ画面

参考 http のリクエストが勝手に https にリダイレクトされるときは Strict-Transport-Security を疑おうべにやまぶろぐ WordPressの全面SSL化、皆さんも気を付けましょう・・・。
(やると決めたら、やめないようにw)

ちなみにスマホのChromeのみ未だ解消されず。HSTSってホント参るわ。
まぁ、SafariとかGoogleとかのブラウザなら普通に見れるから別に良いけど・・・。
追記
Chromeをアンインストール、インストールすると復活することが判明しました!
対応出来るのは分かったけど、Chromeアンインストール/インストールする手間が惜しいな〜。
仕方ないんだろうけど、なんだかな~。
表示されたWordPressのトップ画面

ithinkit

なにはともあれ、httpsからhttpに戻した場合はHSTSに要注意ってことで!

以上、あいしんくいっとでした(*´ω`)
Chromeを常にシークレットモードで開く方法Chromeで開くショートカットリンク(URL)を作る方法スマホ版Chromeで「このサイトにアクセスできません」となった時の対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)