あいしんくいっとオススメ商品レビュー

AirTag(エアタグ)使ってみた感想。良いところ悪いところレビュー。

手にとったAirTag
本記事対象
AirTag(エアタグ)使ってみた感想が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

AirTagゲットだぜー!

忘れ物防止目的で「AirTag」を買いました。

過去に財布落として凹んだことがあるので、万一の備えとして財布に入れとこうかなと思いまして。まぁ、結果的には見つかったんですけどね。
財布なくした時の対処法!とにかく落ち着いて行動することが大切。

ithinkit

財布よく失くすんだよな。。

AirTagの使用感、気になったところ含めてレビューしておきたいと思います。

AirTag商品レビュー

AirTagの外見は昔のiPhoneやAirPodsのように鏡面仕上げ。
AirTag鏡面仕上げ

裏面はマグネットもしくはオセロの白といった感じ。
AirTag裏面

AirTagは手に取っても軽い、軽い♪
手にとったAirTag

それもそのはず、AirTagの重量はたったの113グラム。
AirTagの計量

まぁ、AirTag単体だと何が出来る訳でもないのでそりゃ軽いわな。

AirTag良いところ

AirTagはiPhoneの「探す」アプリで位置情報を取得出来るので、失くしたくないモノと一緒にしておくだけで簡単に位置を特定することが出来ます。

近くにあれば、AirTagでサウンドを再生することですぐ見つけることができます。
探すアプリでAirTag探す

それなりの値段するだけあってAirTagの精度はなかなかのもの。手元にあるときは「自分が所持中」となります。
AirTagを探す

個人的に便利だと思うのが「サウンド再生」。
家の中で無くした場合、音で探すことが出来る。

ithinkit

緑の小人対策はバッチリ!

AirTag気になったところ

バッテリーはボタン電池

ボタン電池で動くので、電池が切れると使えなくなります。

ithinkit

充電池内蔵してくれたら良かったのに。
Point
AirTagの電池寿命は1年(※)ほど持つように設計されてる模様。
(※ )サウンド再生1日4回、正確な場所を探すを1日1回行った場合

鏡面仕上げは傷つきそう

正直、AirTagを鏡面仕上げにする必要はないと思います。

ithinkit

傷付きそうやな。

初期のiPhoneやiPodのときも感じてましたが、鏡面仕上げの見た目は良いですが、その反面指紋が気になる上に傷付きやすそうだし。
例えば、サイフに忍ばしておくにも気を遣ってしまいがち。小銭入れるところが一番収まりが良いんですけど、間違いなく傷だらけになるでしょうね。。。
小銭入れにしまったAirTag

意外と厚みがある

AirTagは意外と厚みがあるので、財布入れておくにもかさばります。

AirTagが入ってない状態
AirTagが入っていない財布

AirTagが入ってる状態
AirTagが入った財布

写真だと分かりにくいですが、AirTag入れると結構盛り上がります。
財布に入ったAirTag

もうちょっとAirTagを平べったくしてくれても良かったかも。


AirTagはよく物を失くす人のためのガジェットなので、持っててもワクワクもしないのが正直なところです。音鳴らしたりも出来るので、家の中で財布失くした時にもすぐ見つけられるのはありがたいですけど(笑)

世間的には「人に待たすと追跡出来てしまってプライバシー的にどうなのか」とか言われてますけど、その辺りも対策(?)されてるみたいですし、あっても困らないかと思います。逆にモノを失くさない人にとってAirTagは無縁のものかも知れないですね。

正直なところ、モノをなくさない自信があるなら、4,000円払ってまでAirTag持っておく必要はないと思います。iPhoneやMacBook、AppleWatchとは違って「所有する喜び」も感じられないので・・・。

発売から1ヶ月ほど経ちましたが、それほど騒がれなくなってきたところをみると人気もあんまりなのかも知れないですね。

ithinkit

正直、AirTagの存在忘れることが多かったりする・・・。

物をなくしがちでお金に余裕があるなら、AirTag買ってみても良いかも。

ithinkit

さすがのApple信者もAirTagはいらないかもな。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)