あいしんくいっとオススメ商品レビュー

ZABBIX4.4をCentOS8へインストールする方法

本記事対象
ZABBIX4.4をCentOS8にインストールする手順が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

オープンソースな監視システムとして有名なZABBIXのインストール手順を書いておきたいと思います。

構築時点で最新環境とするべく、CentOS8にZABBIX4.4をdnfでパッケージインストールすることとします。

事前準備

  • OSアップデート(dnf update)
  • SELINUX無効化
  • ファイアウォール(firewalld)無効化

構築環境

OSZABBIXDB
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)ZABBIX:4.4MariaDB:10.3.17

ZABBIXインストール手順

では、ZABBIXをインストールしていきます。

ZABBIXサーバーパッケージインストール

ZABBIX用のレポジトリをインストールします。

ZABBIX用レポジトリインストール
# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el8.noarch.rpm

ZABBIXサーバをインストールします。

ZABBIXインストール
# dnf -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-apache-conf zabbix-agent

ZABBIXのバックエンドDBとして、MariaDBをインストールします。

MariaDBインストール
# dnf -y install mariadb mariadb-server

初期セットアップのため、MariaDBを起動します。

MariaDB起動
# systemctl start mariadb.service

MariaDB初期セットアップを行います。
基本的にパスワード以外はEnterですが、rootでのリモートログインのみ不許可としました。

MariaDB初期セットアップ
# mysql_secure_installation

Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...

Set root password? [Y/n] Y
New password:<パスワード>
Re-enter new password:<再パスワード>
Password updated successfully!

Remove anonymous users? [Y/n]y
Disallow root login remotely? [Y/n] n
Remove test database and access to it? [Y/n] y
Reload privilege tables now? [Y/n] y

Thanks for using MariaDB!

ZABBIX用のデータベース作成。

ZABBIX用データベース作成
# mysql -uroot -p

MariaDB [(none)]> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
Query OK, 1 row affected (0.000 sec)

MariaDB [(none)]>  grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'Passw0rd';
Query OK, 0 rows affected (0.000 sec)

MariaDB [(none)]> quit

ZABBIXの初期スキーマと設定をインポートします。

ZABBIX設定インポート
# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix

MariaDBに設定したパスワードをZABBIXの設定ファイルに記載します。。

パスワード設定
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword= #設定したパスワード入力

php-fmのタイムゾーンを設定します。

タイムゾーンを日本に設定
# vi /etc/php-fpm.d/zabbix.conf
php_value date.timezone Asia/Tokyo

一通りの設定が完了したら、ZABBIXサーバーとエージェント、関連するサービスを一度再起動します。

ZABBIX関連サービス再起動
# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm mariadb

次回サーバー起動時にZABBIXが自動で起動するよう設定しておきます。

ZABBIX自動起動設定
# systemctl enable zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm mariadb

ブラウザでZABBIXインストール

ここまで出来たら、ブラウザからZABBIXへアクセスし、構築作業を進めます。

アクセスURLは「http://<ホスト名 or IPアドレス>/zabblx」
ZABBIXセットアップ画面

ステータスが全てOKであることを確認。
zabbixを構成するモジュール全てokであること
zabbixを構成するモジュール全てokであること

前工程で設定したDBパスワード入力。
ZABBIXからDBに接続するための情報を入力する画面

注意
DBが起動していないとエラーとなるので注意!

ZABBIX構成情報を入力。ここでは「zabbix」とした。
Nameはzabbixとする

サマリー画面に目を通し、問題なければ「Next step」を押下。
インストール前のサマリ画面

これでZABBIXのインストールは完了。
ZABBIXインストール完了画面

初期設定である、Admin/zabbixでログイン
ZABBIX初回ログイン画面

ログイン出来たらZABBIX基本的な構築は完了。
ZABBIXログイン後の画面

WEB GUIの言語を日本語に設定

WEBGUIのデフォルト表示は英語なので日本語に変更しておきましょう。

画面右上のユーザマークをタップ。
ZABBIXの表示を英語から日本語へ変更するためユーザーマークをタップ

ユーザープロファイルのLangageを「Japanese(ja_JP)」に変更してUpdateを押下。
ZABBIXの表示を英語から日本語へ変更

WEBGUIが日本語表記に変更されたらOK。
ZABBIX管理画面が日本語

そしてここから、”本当の「ZABBIX監視設定」”が始まる。。。

ZABBIXの基本構築は意外と簡単なんです。
監視設定入れてくほうが大変だったりするんですよね。

ithinkit

楽しいZABBIXライフを!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)