あいしんくいっとオススメ商品レビュー

車でスマホ音楽を聴くならBluetooth接続がオススメ!音質も良いし、FMトランスミッターはもう古い。

本記事対象者
車でスマホ音楽を聴くならBluetooth接続がオススメな理由を知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

普段からスマホで音楽を聴いているなら、車でもスマホで音楽聴きたいですよね?
車で音楽聴きながらドライブ
そんな時はBluetooth接続を使ってスマホと車を接続されることをオススメします。
もちろん、Amazonのプライムミュージックとかも聴けます。
AmazonMusicアプリで「PrimeMusic」の実力を検証。その結果やいかに⁉︎

Hustler(ハスラー)でBluetooth接続してスマホで音楽聴く方法はこちら。
ハスラーでBluetooth接続してスマホで音楽聴く方法

車でスマホの音楽を聴くならBluetoothで聴こう!

Bluetooth接続を使えば、スマホの音楽を車でも簡単に聴くことが出来ます。
正直、FMトランスミッターはもう古いです。

スマホと車のBluetooth接続について

スマホと車をBluetoothで接続する場合、以下の操作が必要になります。

必要な操作

  • 車のオーディオ機器(ナビ?)でスマホをペアリング登録
  • Bluetooth接続

はっきり言って簡単ですw

注意
大変危険ですので「スマホと車のBluetooth接続」は必ず停車して行いましょう!

Bluetoothでペアリング登録しないと接続出来ない!

車側でBluetooth接続を許可するためにペアリング設定を行う必要があります。
例えば、AQUAの場合はペアリングしてないとこんな感じで怒られます。
AQUAでBluetooth機器とペアリングしていない画面
それにしても、「ポータブル機が接続されていません」って何やねんw
ちゃんと「先にBluetoothでペアリングしてね」的なメッセージだせよとw

車でスマホをBluetoothで接続しよう

Blutooth接続までの流れは簡単3ステップ。

STEP.1
スマホのBlutoothをオン
STEP.2
車側でスマホを機器登録
STEP.3
ペアリング

では、実際の手順を見ていきましょう。

車とスマホをBluetoothでペアリング登録

ペアリングと聞くと何だか面倒なイメージですが、決して難しい操作ではありません。

まず、スマホのBluetoothをオンにします。
iPhoneだと、[設定]-[Bluetooth]で設定します。
iphoneのbluetoothを有効化

次に車側から「機器登録」を行います。
TOYOTA車のAQUA(アクア)の場合、Bluetoothタブの「機器登録」からスマホの登録を行います。
AQUAでBluetooth接続 機器登録画面

注意
必ずスマホのBluetoothを有効にしてから行うようにして下さい。
(じゃないと機器登録に失敗します)
これで車とスマホでBluetooth接続が開始されます。
AQUAでBluetooth接続開始
スマホ側でポップアップが出力されたら、「ペアリング」をタップします。
AQUAでBluetooth接続 ペアリング
これでBluetooth接続する準備は整いました。
AQUAでBluetooth接続 準備完了
一度Blutoothでペアリング設定をしてしまえば、以降ペアリングする必要は基本的にはありません。
一度ペアリングしてしまうと再設定する必要はない
なので、Bluetooth接続が必要なものはとりあえずペアリングしておくと良いでしょう。

スマホと車をBluetooth接続

では、スマホと車をBlutooth接続します。
スマホでBluetoothをオンにしておけば、自動的に車と接続されます。
が、スマホの音楽聴くなら再生ボタンを押す必要があります・・・。
スマホで音楽聴くなら再生ボタンを押す必要あり

ペアリングすればどんな車種でもBluetooth接続可能

上はAQUAで試しましたが、日産キューブでも同様にBluetooth接続して音楽を聴くことが出来ます。
キューブでもBluetooth接続して音楽聴ける
トヨタや日産といった車種というか、Bluetooth接続に対応したオーディオ機器が搭載された車であれば、基本的にBluetoothで接続すればスマホで音楽を聴くことが出来ます。

MEMO
Bluetooth機器が搭載されていなければFMトランスミッターで頑張りましょう
前までは「iPod繋いで、新しい曲が増えたらiTunesと同期して、またiPod繋いで〜」といった面倒なことをやっていたのですが、車でもスマホの音楽が聴けると何かと捗ります♪

ithinkit

利用するデバイスを出来る限り減らすと、管理する手間も減ってメリットが多いのでオススメです。

以上、あいしんくいっとでした(^∇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)