運営者プロフィール

kusanagiのアップデート手順。yumでサクッとバージョンアップ

本記事対象
kusanagiのyumアップデート手順について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

本ブログはさくらのVPSのkusanagiで運用しています。
さくらのVPSを利用したKUSANAGI構築手順について

CentOS8もリリースされたことですし、kusanagiもアップデートしてみることにしました。
ベースはCentOS7なので、yumコマンドでアップデートすることが出来るはず。

MEMO
CentOS7から8へはyumではアップデートされません

kusanagiのアップデート手順

kusanagiアップデート時の注意点

アップデート時の注意点は以下の通り。

アップデート時の注意点

  • アクセスが少ない時間帯(本ブログであれば明け方くらい)にアップデート

    (OS再起動が必要なのでアクセスが少ない時間帯に行うのがベスト)
  • 事前バックアップは必ず取得
    (最悪アップデートしてWordPress動かなくなる可能性あり)

kusanagiアップデート前確認

kusanagiアップデート前にバージョン確認しておきます。
バージョン確認は「kusanagi status」で確認可能です。

kusanagiアップデート前
# kusanagi status
Profile: html
FQDN: i-think-it.net
Type: WordPress
KUSANAGI Version 8.4.2-1
sakura

*** (active) nginx ***
● nginx.service - The NGINX HTTP and reverse proxy server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nginx.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2019-10-17 07:46:32 JST; 3 days ago

*** (active) php7-fpm ***
● php7-fpm.service - The PHP FastCGI Process Manager
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/php7-fpm.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 月 2019-10-14 10:05:58 JST; 6 days ago

*** (active) MariaDB ***
● mariadb.service - MariaDB 10.1.37 database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 月 2019-07-15 23:13:43 JST; 3 months 5 days ago

*** ruby ***
ruby 2.4.2p198 (2017-09-14 revision 59899) [x86_64-linux]

*** add-on ***

*** Cache Status ***
bcache off
fcache on

*** WAF ***
off

*** SELinux ***
off (permanent)

完了しました。

yumアップデート

では、kusanagiをyumアップデートしていきます。

MEMO
アップデート対象のパッケージが多いほど時間がかかります。
yum update
# yum update -y
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Determining fastest mirrors
epel/x86_64/metalink                                                         | 7.5 kB  00:00:00     
* base: mirrors.cat.net
* epel: ftp.riken.jp
* extras: ftp.riken.jp
* updates: ftp.riken.jp
base                                                                         | 3.6 kB  00:00:00     
epel                                                                         | 5.4 kB  00:00:00     
extras                                                                       | 2.9 kB  00:00:00     
kusanagi                                                                     | 2.9 kB  00:00:00     
mariadb                                                                      | 2.9 kB  00:00:00     
updates                                                                      | 2.9 kB  00:00:00     
zabbix                                                                       | 2.9 kB  00:00:00     
zabbix-non-supported                                                         |  951 B  00:00:00     
(1/9): base/7/x86_64/group_gz                                                | 165 kB  00:00:00     
(2/9): epel/x86_64/updateinfo

〜 略 〜

  xfsprogs.x86_64 0:4.5.0-20.el7                                                                    
  yum.noarch 0:3.4.3-163.el7.centos                                                                 
  yum-plugin-fastestmirror.noarch 0:1.1.31-52.el7                                                   
  yum-utils.noarch 0:1.1.31-52.el7                                                                  

置換:
  urw-fonts.noarch 0:2.4-16.el7                                                                     

完了しました!

10分ほどで終わりました。
アップデート中はkusaganiへのアクセスにも時間がかかるので注意しましょう!

OS再起動

Yumアップデート完了後はOS再起動しましょう。

OS再起動
# reboot
Connection to 133.167.82.55 closed by remote host.
Connection to 133.167.82.55 closed.

kusanagiアップデート後確認

OSは7.6→7.7へアップデートされてました。

アップデート前
アップデート前)
CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)

アップデート後
アップデート後)
CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)

Kusanagiアップデート後確認。
今回のYumアップデートでkusanagiのバージョンも上がりました。

アップデート前
アップデート前)
KUSANAGI Version 8.4.2-1

アップデート後
アップデート後)
KUSANAGI Version 8.4.3-3
コード名
Kusanagiアップデート後)
#  kusanagi status
Profile: html
FQDN: i-think-it.net
Type: WordPress
KUSANAGI Version 8.4.3-3
sakura

*** (active) nginx ***
● nginx.service - The NGINX HTTP and reverse proxy server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nginx.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 月 2019-10-21 05:57:17 JST; 2min 24s ago

*** (active) php7-fpm ***
● php7-fpm.service - The PHP FastCGI Process Manager
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/php7-fpm.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 月 2019-10-21 05:57:15 JST; 2min 26s ago

*** (active) MariaDB ***
● mariadb.service - MariaDB 10.1.41 database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 月 2019-10-21 05:57:18 JST; 2min 23s ago

*** ruby ***
ruby 2.4.6p354 (2019-04-01 revision 67394) [x86_64-linux]

*** add-on ***

*** Cache Status ***
bcache off
fcache on

*** WAF ***
off

*** SELinux ***
off (permanent)

完了しました。

kusanagi以外のパッケージもちらほらアップデートされているようです。
無事にyumアップデートが完了しました。

CentOS7系から8系へのアップグレードは現時点では無理

yumアップデートでサクッとCentOS7系から8系へのアップグレードしてくれたら良いなぁと淡い期待を抱いていたのですが、そう甘くはいかないみたい。。。

調べてみたところ、CentOS7系から8系へのアップグレードは難しいことが判明。
(アップグレードツール、レポジトリ等がなかったり)

当分はCentOS7系のkusanagiを利用するしかないみたいですね。
CentOS8版のkusanagiがリリースされるのを待った方が無難かも。

ithinkit

今回のyumアップデートでkusanagiの動作速度が若干アップした気がするので、アップデートした甲斐はありました。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)