ダイニチ石油ファンヒーターで「換気」が頻発するので対処してみた!

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

「換気!」「換気!」

ダイニチの石油ファンヒーターを使い続けて3年以上が経ちましたが、このところ「換気(E13)」の頻発に悩まされるようになりました。換気表示されるだけならまだしも安全のため(?)、勝手にヒーターが停止するので正直ウザイ。。。

長時間つけているなら本当の換気wだと分からなくもないのですが、つけて2、3分で換気が発生するのでバグってるとしか思えない・・・。
しかも、ピーピー鳴って停止する換気だけでも厄介なのですが、換気が5回続くと「HHH」というさら素敵なエラーが発生しますw

こうなってしまうと、コンセントの抜き差ししないと操作不能という、超面倒なことになります。

では、換気が頻発する場合の対処はどうすれば良いのでしょうか。
少し調べてみることにしました。

換気頻発は「シリコーン」が原因!?

ネットであれこれググってみると、どうやら「シリコーン」と呼ばれる物質が影響しているということが分かりました。

シリコーンが石油ファンヒーター内部にある「フレームロッド」に付着するのが換気が頻発する要因であるらしい。
なので、フレームロッドに付着したシリコーンを削り取ってやれば解決するような気がします。

フレームロッドに付着したシリコーンを除去

では、石油ファンヒーターを分解し、フレームロッドに付着したシリコーンを取り除きたいと思います。
まぁ取り除くといってもヤスリで削るだけですけどね。
今回用意したものはドライバーと紙ヤスリのみ。

作業中に気づいたのですが、取外すパーツの中には鋭利なものもあったりするので、軍手とかつけて作業したほうが良いかも知れません。手を切ってしまうかも。

まず、下の方の2本のネジを取り外します。

ドライバーでネジを外していきます。

下のネジ2本を外してしまうと、このように前面カバーは簡単に取り外すことができます。

では、続いて内部カバーを取り外していきます。
内部カバーは鋭利な感じなので、ここは軍手はめた方が良いかも知れません。

ちなみに内部カバーもネジ2本なのですが、金属で固定されているのが少々厄介。
ここまで来れば、フレームロッドまではあと一息。

そして、目的のフレームロッドに到着。
見た感じ、たくさんのシリコーンが付着している模様。

触ってみると手に付着するほどのシリコーンが!

シリコーンを紙ヤスリで丁寧に磨いていきます。
紙ヤスリで磨くごとにフレームロッドちゃんはツルツルになっていきます。
あぁ。快感w

指で触って見て、ザラツキがなくなったら良いと思います。
では、解決ビフォーアフター。

ビフォー)

アフター)

ほ〜ら。シリコーンの付着もなく綺麗になったでしょう(笑)
嫌なザラツキもなく、換気もおさまる予感♫

シリコーン除去から一週間が経過・・・

フレームロッドからシリコーンを除去し、一週間が経過しました。
今でもたま〜に換気表示は出るものの、快適な石油ファンヒーターライフ🎵が送れるようになりました!

ithinkit
分解してフレームロッド磨くのは手間だし、面倒だったけど換気の頻度も下がったので、めでたし、めでたし。

以上、あいしんくいっとでした( ^∀^)

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly