車のハンドルカバー取り付け。取り替えのコツ、ポイントについて

うぃーっす。どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

車のハンドルカバーの劣化が目立って来たため、新しいハンドルカバーを購入しました。
こちら、驚安の殿堂ドン・キホーテにて1000円くらいで売ってましたw安い!

なお、ハンドルカバー購入にあたっては適合車種であることを確認してから購入しましょう。
当たり前だけど。

それにしても、ハンドルカバーって多少破れてても使えてしまうだけに交換がおなざりになってました。
まぁ、破れてるのは前から気づいていたのだけどね。交換するの面倒で放置してました・・・w

このハンドルカバーどのくらい使ったのだろうか。
とりあえず、分からんぐらい長く使っていることだけは確か・・・。

ハンドルカバー交換手順

手順と言うほど大層なものではないんだけど、ハマったポイントや注意点を踏まえて書いておきたいと思います。

ハンドルカバー添付の説明書を参照

あらかじめ添付のハンドルカバー取り付け方法に目を通しておきましょう。

取り付け前のポイント。
継ぎ目部分は任意の場所にセットしておくことをオススメします。
カバー取り付け後に位置が気に食わなくなったら、1からやり直しになってしまうので・・・。
下らへんに持って行っとくのがベストなような気がしますね。

ちなみに私は下の画像のまま装着して失敗しましたw

装着し直すのが面倒だったので妥協しましたとさw

ハンドルカバー装着

ではハンドルカバーを装着していきます。
取り付け方法にあった通りに装着して行くのですが、これが思いの外大変。
強いてポイントを挙げるとしたら、「左右少しずつハメて行く」「座ってではなく、立って力を込めてやる」といったところでしょうか。

私も最初は座ってやっていたのですが、立って力を込めてやる方法に切り替えました。
その位、力が要る作業です。

そして、悪戦苦闘すること10分ほど。
無事にハンドルカバー取り付けに成功!

はぁー。疲れたーーー!

最後に旧ハンドルカバーと。
今までありがとうよ。

最後に注意点、ポイントをおさらい

最後にハンドルカバー取り付け作業の注意点、ポイントをザッと挙げておきます。

  • ハンドルカバーは適合車種を確認して購入すること
  • 作業は車のエンジンを切って、ハンドル固定して行うこと
  • 継ぎ目はあらかじめ固定しておく
  • 作業が立って力を込めて大胆に
  • 左右交互にカバーをハメていくこと

以上、ハンドルカバー取り付け時の参考まで。

ithinkit
途中で心折れそうになったけど、一気にやろうとせず、じっくり力を込めてやるのがポイントかな。

あいしんくいっとでした( ・∇・)

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly