一蘭で料金高めな濃厚とんこつラーメンを頂く。味集中カウンターでじっくり味わえたよ!

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

偶然近くに立ち寄る機会があったので、“味集中カウンター”という独特のシステムが印象的な「一蘭」でラーメンを頂きました。

過去に一度だけ食べた事があったのですが、どんな味だったか忘れてしまった(笑)ので、再び一蘭に足を運ぶことにしました。

食券を購入

店に入ると券売機があるので好きなものを選びます。
そう、一蘭は食券制なのです。
おすすめは「ラーメン+替え玉980円」ですね。まぁ、普通に割高ですね・・・。
とは言え、替え玉なしだと男性の方は物足りなさを感じるような気がします。

ちなみにこの食券機で買い忘れたとしても追加注文可能なので、とりあえずラーメンだけ頼んでおいてもOK!

味集中カウンターに着席してラーメンを注文

では、“味集中カウンター”に着席してラーメンを注文します。
一人だと有難いシステムなのですが、大勢で食べに来ると会話しずらいのは少し残念な感じ。

会話はせず、「味に集中しろ!味に!」ってな思想なのでしょうかねー。

ちなみに水はセルフです。

注文カードに記入して、お好みのラーメンを注文することが出来ます。
この辺りは任意ですが、替玉を頼む場合は味の濃さは「こい味」にしとくと良いと思います。
私は失敗しました。(笑)

ポイント
“秘伝のたれ”は辛さに自信が無ければ「基本」以下にしておくことをオススメします。
でないと、スープ飲む時に咽せますw

普通に辛いです(笑)

一蘭のラーメンを食す

注文が終われば、ラーメンが到着するのを待ちます。
ふと、壁に目をやると言霊と呼ばれるものが書かれてました。

そういや、客が来店した時のスタッフの掛け声に違和感を感じたのですが、これで意味が分かりました。
「幸せ〜!」って言ってたんですねw初めは分からんかったわ。

冒頭で書いた通り、注文に漏れがあった場合は追加で注文することが可能です。

トッピングはちと割高かな〜。

そうこうしてる内にラーメンが到着。

とんこつスープの美味しそうな香りがします。麺は細麺です。

秘伝のたれを2倍にしたがために赤いたれが多めにかかってます。
これが結構、辛い!

スープ飲む時に咽せることもしばしばw

ほーら。味集中カウンターだと写真撮るのも捗るわ〜♪
濃厚なとんこつスープにほのかな甘みが合わさって、ん〜うまうま♫

にしても、“秘伝のたれ2倍”はちと辛い。
スープ飲む度に咽せることもしばしば。

ちなみに替玉を注文する際はプレートを注文ボタンに載せるだけ。

すると、“チャルメラの音”が鳴ってスタッフさんが対応してくれます。

替玉頼むタイミングは1回目の麺を食べ終わるちょっと前が最適だと思うのですが、いかがでしょう?
あぁ。替玉頼むなら味を「こい味」にしときゃ良かったーと改めて後悔orz

ちなみに「ティッシュ無いのかよ!」って汗かきながらラーメンすすってたのですが、帰る時になって初めて“背面の壁に吊ってある”のに気付きました。ティッシュ使いたい方は注意して下さい。私は最後まで気付かずに終わりました。節約のためにあえてそうしてるんだろうなぁ、と理解しましたw

・・・

一蘭のラーメンを食べた感想ですが、ほんのり甘い感じのとんこつラーメンって感じでした。美味しかったですよ?でも、ちょっと料金は割高に感じましたけどね。

ithinkit

味集中カウンターでじっくり頂く至高のとんこつラーメン一蘭
あなたもいかがですか。

以上、あいしんくいっとでした(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)