サイバーマンデー開催間近!商品レビューまとめ記事

【AWS】EC2インスタンスにGUIでアクセス(RHEL6.5 + VNC)

本記事対象者
Linuxでリモートデスクトップみたいに利用出来るVNCについて知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

EC2って、困ったことにコンソール無いんですよね。
Windowsはリモートデスクトップ出来るから良いとして、Linuxには・・・。
と言うわけで、今回はAWS上に構築したRHEL6.5のEC2インスタンスにGUIで接続する必要に迫られたので、VNCを使ったGUIアクセスについて記載したいと思います。

VNC周りの設定

VNCサービスに必要となるパッケージをyumでインストールします。

VNCサーバ導入
# yum -y install tigervnc-server
X Windows System、Desktop導入
# yum -y groupinstall "X Window System" "Desktop"
VNC用ユーザ作成
# useradd vnc01
vnc01ユーザのパスワード設定
# passwd vnc01
VNC用接続用パスワード設定
# su - vnc01 -c "vncpasswd"
vnc設定ファイルの作成
# vi /etc/sysconfig/vncservers
~以下、設定内容~

VNCSERVERS="1:vnc001"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768"

※複数ユーザでアクセスさせる場合は下記のように設定
(当然、コンソール分のユーザ作成が必要になるので注意すること)

VNC複数ユーザ設定
VNCSERVERS="1:vnc001 2:vnc02"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768"
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 1024x768"
vncserver起動
/etc/init.d/vncserver start

VNCに必要なポート解放

VNC接続には5900+設定したコンソール番号のポート解放が必要となります。
今回はコンソール番号として1番を設定しているので5901のtcpポートを解放します。
OSのファイアウォール、EC2のセキュリティグループといったところの設定を確認してください。

MEMO
OSのファイアウォール、EC2のセキュリティグループの解放手順については省略します。

VNC接続確認

クライアントPCにVNCクライアントを導入し、実際にVNC接続出来る確認します。
VNCクライアントとしては、「RealVNC」、「UltraVNC」、「TigerVNC」といったものがありますが、
普通に使うのであればどれを使っても問題ないように思います。
ここではTigerVNCを用いて接続確認を行いました。

接続先
対象ホスト:<コンソール番号>

1.接続情報入力
vnc-0

2.パスワード応答
vnc-1

3.ログイン画面が表示
vnc-2

これでEC2インスタンスにVNCでGUI接続する事が可能になりました。
OracleのインストールなどGUIが必要になる場面もあるかと思いますので、そういった場合にVNCは使えると思います。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)