運営者プロフィール

iPod nanoの初期化手順について。調べてたら、無償交換プログラム対象だった件

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

最近、ひょんなことから初代iPod nanoをゲットしました。
s-Evernote Camera Roll 20160419 084039201604020839
容量は4GBなので使えなくもないのですが、バッテリーが既にへたっていて携帯プレイヤーとしては使いものになりません。(ケーブル挿しっぱだと使えるけど、、、)

しかも、裏とか見た目ボロボロw
s-Evernote Camera Roll 20160419 124515201604020839

てなワケで、

「よ〜し。オークション、リサイクルショップ売り飛ばしてやんぜ〜!」

と、意気揚々と初代iPod nanoの初期化手順を調査してると、手持ちのiPod nanoが不良品であり、「無償交換プログラムの対象」であることが判明しました!

内容はというと、「最新世代のiPod nanoと交換」してもらえるというもの。
あぁ、感謝。圧倒的、感謝。

というワケで、「iPod nanoの初期化手順と無償交換プログラムの対応」について書いておきたいと思います。

初代iPod nanoをお待ちの方は是非確認を!

iPod nanoの初期化について調べてたら、無償交換プログラムの対象だった件

初代iPod nano持ってるなら、最新世代に交換出来るかも。是非、お試しを!

無償交換プログラム対応手順

まず、手持ちのiPod nanoが無償交換プログラムの対象製品であるどうか、を確認をする必要があります。

以下のURLへアクセスして確認して下さい。

参考 iPod nano (1st generation) 交換プログラム

国を選んで、
s-Evernote Camera Roll 20160419 084638201604020839
シリアル番号を打ち込むと、
s-Evernote Camera Roll 20160419 084714201604020839
手持ちのiPodが無償交換プログラムの対象であるかどうかが確認出来ます。
無償交換プログラムの対象だった場合はAppleIDでログインし、交換手続きを行います。
s-Evernote Camera Roll 20160419 085006201604020839

初代iPod nano初期化手順

初期化するにはiTunesへの接続が必要になります。
面倒なので、iTunesへ接続せずに初期化する方法も探して色々と試したのですが、ダメでした。。。

なので、iTunesへ接続して初期化します。

※復元すると、音楽データ含め全てのデータが削除されますので、必要に応じてデータのバックアップを取得しておいて下さい

iPod nanoをiTunesへ接続すると、以下のポップアップが。。。
s-Evernote Camera Roll 20160419 125022201604020839
んなこと、分かっとるわ〜い!
ということは上に書いた手順が面倒であれば、いきなりiTunesに繋いだら、無償交換プログラムの対象か分かるということですね。今更だけど(笑)

接続したら、iPod画面から「iPodを復元〜」を選択します。
s-Evernote Camera Roll 20160419 125246201604020839
警告が表示されますが、問題無ければ「復元」をクリックします。
s-Evernote Camera Roll 20160419 125534201604020839
そのまま次へ
s-Evernote Camera Roll 20160419 125746201604020839
一通り目を通し、「同意する」をクリックします。
s-Evernote Camera Roll 20160419 125809201604020839
すると、復元処理が始まります。
s-Evernote Camera Roll 20160419 125922201604020839
復元処理が完了すると、iPod nanoが再起動されます。
s-Evernote Camera Roll 20160419 130034201604020839

初期化確認

では、正常に初期化されたことを確認します。

初期化前)
s-Evernote Camera Roll 20160419 130147201604020839
初期化後)
s-Evernote Camera Roll 20160419 130231201604020839
ふむ。音楽データもキレイさっぱり削除されて問題無さそうです。

以上で初期化は完了です。

無償交換プログラムと初期化手順について書きました。
今後の流れとして、「iPod nanoの引き渡し」→「Appleでの実機確認」→「最新世代のiPod送付」といった流れになるようですが、動きがあればまた記事を書きたいと思います。

以上、あいしんくいっとでした(^ー゜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)