あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

RaspberryPi2でPostfixをインストールしてメール送信する方法

time 2016/10/11

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

RaspberryPi2で本ブログのバックアップ取得したり、Twitterのフォロー/アンフォローしたりといった処理をさせてるのですが、基本的にはほったらかしなので、処理に失敗してても気づかないことがしばしば。

なので、処理に失敗したらメールで知らせることが出来るよう、Raspberry Pi 2にpostfixを入れてメールを送れる環境を作りたいと思います。

sponsored link

RaspberryPi2でPostfixをインストールしてメール送信する方法

RaspberryPi2でのPostfix設定手順

Postfixインストール

SSHでRaspberryPi2に接続し、以下のコマンドでPostfixをインストールします。

# apt-get install postfix

対話的なインストールに切り替わるので、必要に応じて設定していきます。
s-07ad7eb4-eeb8-43dc-b1b7-948b260ae319_201610082325
後ほど設定するのでここでは「設定なし」として先に進めます。
s-b677006b-39ce-4c72-affb-c2e34b4f5c93_201610082325
以上でインストールが完了です。
s-835c49cb-53c3-4c0a-a80e-18f956bcb66a_201610082325

Postfix基本設定

上の画面に記載がありますが、デフォルトだとpostfixの設定ファイル「main.cf」が存在しないためコピーして作成します。

# cp /usr/share/postfix/main.cf.debian /etc/postfix/main.cf

では、「main.cf」を編集していきます。

# vi /etc/postfix/main.cf

必要最低限の設定を/etc/postfix/main.cf に追加します。

inet_interfaces = all
inet_protocols = ipv4
mynetworks = 192.168.11.0/24, 127.0.0.1

postfix再起動

#  /etc/init.d/postfix reload

メール送信テストをするため、mailコマンドを含んだパッケージ「mailutils 」をインストールします。

# apt-get install mailutils

メールテストするも飛びません・・・。

# echo "This is test mail." | mail -s "test" メールアドレス

プロバイダのメールサーバへメールリレー

どうも、単にメールサーバの設定をするだけではメール送信出来ない模様・・・。

Oct  9 08:30:55 ithinkit postfix/smtp[3976]: BE9787FC3D: to=<メールアドレス>, relay=none, delay=489, delays=483/0.05/6.3/0, dsn=4.4.1, status=deferred (connect to mx2.mail.yahoo.co.jp[182.22.12.117]:25: No route to host)
Oct  9 08:30:56 ithinkit postfix/smtp[3974]: connect to mx5.mail.yahoo.co.jp[183.79.16.246]:25: No route to host

色々調べた結果、プロバイダのメールサーバにリレーしてやると行けそうな模様・・・。
ちなみに我が家のプロバイダはeo光です。

参考 自宅サーバから eo 光の SMTP サーバにメールをリレーする

プロバイダのメールサーバへの接続のためにsaslパッケージをインストールします。

# apt-get install sasl2-bin -y

認証に必要となる認証用ファイルを作成

# vi /etc/postfix/sasl_passwd
[smtpauth.eonet.ne.jp]:587 <パスワード>

作成した認証用ファイルを反映

# postmap /etc/postfix/sasl_passwd

postfix再起動

#  /etc/init.d/postfix reload

最終的な/etc/postfix/main.cf の設定は以下の通り。

inet_interfaces = all
inet_protocols = ipv4
mynetworks = 192.168.11.0/24, 127.0.0.1
relayhost = [smtpauth.eonet.ne.jp]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_mechanism_filter = plain, login, cram-md5
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
unknown_local_recipient_reject_code = 550

テスト的にメール送信してみると無事にメール送信出来ることが確認出来た。
これで何らかの処理に失敗したときのリカバリが捗りそうだわw
s-2b17dcaf-9a1f-4f52-8e43-c3c3d82afff8_201610082325
ただし、ドメイン設定もしてないので迷惑メール扱いなのが何とも(笑)
まぁ、とりあえずはGmail側の設定でしのいでおこw

以上、あいしんくいっとでした( *´艸`)

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事