Amazonでギフトを贈ろう!

Windowsでキーボードが壊れたらスクリーンキーボードを使え!テンキーも使えるよ。(オマケでマウスもね)

ども。あいしんくいっとです。

突然ですが、Windowsのパソコン使ってて突然、運悪くキーボードが壊れてしまったらどうしますか?
買いに走りますか?

そんな時に使えるのが「スクリーンキーボード」です。
これを使えばマウスを使ってキーボード入力が出来てしまいます。

キーボードが壊れた時ではなくても、外出先の不特定多数が使うパソコンでパスワードといった個人情報を入力する際にも重宝しそうです。
万が一、キーボードに何か仕掛けられていても回避出来ますから。

では、使い方をみて行きましょう。

スクリーンキーボード起動

過去の記事で「ファイル名を指定して実行」からのショートカットを紹介しました。

その中の一つであるスクリーンキーボード起動の「osk」と打ち込んでスクリーンキーボードを起動する事が可能です。
screen-keybord-1

コントロールパネルからアイコンを辿ってスクリーンキーボードを起動しても良いのですが、時間がかかるのでオススメしません。

 

スクリーンキーボードの使い方

使い方は簡単。
マウスを使ってスクリーンキーボード上の任意のボタンをクリックするだけで文字を打ち込む事が出来ます。
screen-keybord

他の機能としては、スクリーンキーボードを透明化出来たり、
screen-keybord-2

あとオプションからテンキーを出したり、使用方法を変更したりといった事も出来ます。
(この辺りはお好みで)
screen-keybord-3

テンキー出した画面
screen-keybord-4

ただ、あくまで補助的に使えるというだけでスクリーンキーボードの使い勝手はお察しです。

あと、Windows8からは「タッチキーボード」なるものも使えるみたいなのですが、パソコンのディスプレイが対応してないと無理っぽいので諦めています。

ただ、パソコンのディスプレ行ったが対応して無くても、特殊なペンを使う事でタッチパネルが実現出来るツールもあるみたいですね。
その名も「touch8」。

コチラのブログで詳しく書かれていますので興味がある方は確認を。

まぁ、そこまでしてWindowsにタッチパネルが必要か?
と言われると私は「ノー」と言いますけどね。

 

マウスが壊れた!オーケー、それなら!

もしもマウスが壊れたら。
そんな時もドン・ウォーリー!
wifi環境でしか使えない制限はあるものの、スマホをマウス代わりに使えるアプリ「remote mouse」があります。(もちろん無料!)
iPhone、Androidのどちらもあるので環境に合わせてインストールしてください。

ワイヤレスマウス (Remote Mouse FREE)

ワイヤレスマウス (Remote Mouse FREE)
開発元:YANG TIAN JIAO
無料

と、これで準備完了とは行かず、お使いのパソコンにも「remote mouse」をインストールする必要があります。

このサイトでお使いの環境に合わせたアプリをダウンロードしてインストールしてください。
Windowsの場合、ダウンロードしたexeファイルを叩くだけ♪
remote-mouse-0あとの使い方は簡単。
スマホ、パソコンともアプリを起動するだけ。
(パソコンのほうは下記のアイコンをクリックして起動させます)
remote-mouse-1
スマホのアプリを起動するとパソコンの検索が自動で始まって、適当に画面をなぞるだけでパソコン側のマウス操作が可能になります。
使い方は簡単で1度タップすると「左クリック」、2本指でタップすると「右クリック」、2度タップすると「ダブルクリック」といったアクションになります。
014

「無料だし、動きカクカクでしょ?」
何て失礼な事を思ってのですが、思いのほかスイスイ動きます♪

コレで万が一、マウスがぶっ壊れても安心ですね。
(セットアップは結構面倒だったりするのですがw)

どうでしたか。
スクリーンキーボードの存在と簡単な使い方さえ知っていれば、緊急の際にキーボードを買いに走らなくても良さそうですね。
(あとマウスもね☆)

どんなTIPSでも知っておくに越した事は無いのでメモですよ〜。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)