Amazonでギフトを贈ろう!

Windows標準ツールで割と便利な「snippingtool」を試す!

SIMPLY CHANGE YOUR LIFE.

CHANGE YOUR LIFE。わりとシンプルに。

今までと違うように考える。
それだけで人生なんて、意外と簡単に変わってしまうはず。

by ポール・アーデン

「Windowsの標準ツールを使って画像を簡単に編集したい」と考えた場合、大抵は「mspaint」を使うと思います。
ですが、Windows7以降であれば「snippingtool」というのを使うと便利だよ、というお話です。

「いや、mspaintの方が使いやすい」といった方もいるかもしれませんが、こういった方法もあるよ。
といった観点でsnippingtoolについて紹介しておこうと思います。

使い方

「ファイル名を指定して実行」で「snippingtool」と入力します。
snippingtool-0

 

するとsnippingtoolが起動します。
snippingtool-1

 

そしてメニューの「新規作成」を選択して、任意の場所をマウスでドラッグすると、下の画面が出力されます。
snippingtool-2

 

ちなみにドラッグでの選択方法も以下の4種類から選べたりします。
snippingtool-5

 

それからは簡単にコメント入れたり、蛍光ペンで線を引いたりといった編集が手軽に出来てしまいます。
(アラ、簡単&便利♪)
snippingtool-3

 

あとは任意のファイル形式を選択して保存するだけです。
snippingtool-4

 

どうだったでしょうか。簡単に画像を編集出来る事が伝わりましたでしょうか。
個人的にこのsnnipingtoolを知った時は軽く衝撃だったのでご紹介してみました。
とは言え、蛍光ペンの色が選択出来なかったりといった使いずらさもありますので、あくまでこういった選択肢もあるよ。といった捉え方で良いかと。

あと余談ですが、エンジニアという仕事をやっていて思うのが業界問わず、どんな事でも詳細はともかくとして「知っているか、知っていないか」は結構大きいのかなと。
それだけでもスキルに随分と差が出るように思います。
要は「何でも知っとけ」って事なんでしょうかね。

とは言え、まだまだ知らない事だらけの私は日々精進して行かねば。
と思う今日この頃です。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)