「ふぁ〜。ハッ、いかん」出そうになったあくび(欠伸)を止める4つの方法

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

あくび。
たぶん、あくびしない人なんていないんじゃあ無いかなぁ〜っと。(当たり前かw)
stop-akubi-0

中でも、会議中や妻との修羅場(?)など、あくびすることが許されない局面も当然あるワケですよ。
そんな時、どうやってアクビを止めればよいのでしょう?ってお話です。

あくびについて知ろう

あくびは反射的に起こる大きく口を開けて深く息を吸う呼吸動作ですよね。


でもって、どんなときにアクビが出るのかというと、
・眠い時、極度に疲れている時
・ヒマ、退屈といったリラックスしている時
・寝起き
・極度の緊張状態の時
といった感じでしょうか。
極度の緊張状態であくびが出る、というのは自分の中では予想外でした。

あと、あくびをすると涙が出ることがありますが、これはあくびをすることによって顔の筋肉が押し上げられて、涙腺にたまった涙が溢れるために起こるようです。

 

あくびはうつる?

これはよく言われますよね。
あくびはうつる」と。
https://twitter.com/mari_monster415/status/626370545521524736

ただ、誰にでもうつるワケではなく、家族や恋人や友達といった気を許せる間柄にはうつりやすいと言われており、諸説では“共感説”が有力とされているらしく、相手に対する共感や関心がベースにあるのでといったことも言われています。

確かに妻があくびするとコチラにもうつるし、逆に妻にもうつるような気がします。
ちなみに、他者に関心が低い人や自閉症の方にはうつりにくいらしいです。

 

あくびを止める方法

本題です。
人前であくびをするというのは、相手に悪い印象を与えかねません。
冒頭でも述べましたが、特に会議中といった緊張感漂う場面だと「たるんどる!」とおしかりを受けかねません。
そういったときには何としてもあくびは止める必要があります。
ちなみにあくびを止めることを「欠伸を噛み殺す」とも言うそうです。

・上唇を舌で舐める
何でも、この方法が一番有効であると言われているみたいですね。


https://twitter.com/senkou17/status/615350372253741057
何としてもあくびを止めたいときは「上唇を舌で舐める」をあくまで“さり気なく”実行しましょう。
ニヤニヤしながらこの行為をすると、完全にヤバイ人になるので止めましょう(笑)

・舌で前歯の裏側を押し付ける
前歯で歯の裏側を押し付けることによって、はっと息を止める感じになるのでしょうか。
他人には見えない行為なので、会議中などは有効な手段かも知れないですね。

・意識的に深呼吸する
あくびが出そうになったら、意識して深呼吸をします。
すると、あくびが止まります。
この方法は私も以前から使っていました。

・つねる
どこでも良いからつねる。
痛みによってあくびを止める感じですね。
顔が望ましいですが、部位はどこでも良いと思います。
(その分、強くつねればw)

いかがでしたか。
あくびは生理現象なので仕方ない、と諦めるのではなく、止めないといけないときは“ビシッ”と止めておきたいですね。
stop-akubi-1舌出して上唇をペロってねw
それが自身のイメージアップにもつながるやも知れませんからね。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)