❄︎
Amazonでクリスマスギフトを贈ろう!

お手軽簡単!EC2インスタンスでメタデータ取得!(curlコマンド編)

TO BE IT’S USEFUL TO KNOW ANYTHING.

便利な事は何でも知っておくべき!

便利な事は何でも知っておくべきってだって思いませんか?

今回はcurlコマンドでEC2インスタンスのメタデータを取得出来る方法を紹介しておきたいと思います。
意外と便利ですので、使う機会はそれなりにあるかと。

メタ情報取得コマンド

まず、ベースとなるコマンドです。

# curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/

あぁ、ただの「curl」コマンドか。そうなんです。
基本的にはこのベースと下のコマンドを組み合わせて使います。

ami-id
ami-launch-index
ami-manifest-path
block-device-mapping/
hostname
instance-action
instance-id
instance-type
local-hostname
local-ipv4
mac
metrics/
network/
placement/
profile
public-hostname
public-ipv4
public-keys/
reservation-id
security-groups

と、上記を個別に指定して情報取得が可能です。
では、良く使うと思われるものの実行例を幾つか挙げておきます。

良く使うコマンド実行例

実行例1)インスタンスID取得

[root@ithinkit ~]# curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-id;echo
i-xxxxxxx

これは一番良く使うと思います。
後ろの「echo」は見やすくしているだけですw

実行例2)インスタンスタイプ取得

[root@ithinkit ~]# curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-type;echo
t2.small

インスタンスタイプも結構見たりしますね。忘れっぽいものでw

実行例3)所属しているセキュリティグループ

[root@ithinkit ~]# curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/security-groups;echo
http
elb
ssh

所属しているセキュリティグループも良く見るかと思います。

EC2インスタンスにログインしている場合にメタデータが欲しくなった場合にこれらのコマンドは役に立つかと思います。
これらの情報はawscliでも取得出来ますが、インストールする手間があるのでこちらの方がお手軽かと。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)