あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

WindowsServer2012R2でNICチーミングをOS標準機能で構成する方法

time 2016/08/05

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

WindowsServer2012R2では有難いことにOS標準の機能でNICチーミングを構成することが出来ます。
今回はNICチーミング手順について書いておきたいと思います。

sponsored link

WindowsServer2012R2でNICチーミングをOS標準機能で構成する方法

※ NICチーミング設定に伴い、NW断が発生します。なので作業は必ずコンソール画面で行ってください!

まず、「サーバマネージャー」を起動し、NICチーミング欄の「無効」を選択します。
c6f58850-b0d7-490c-92ff-ffd4c6587c9a
NICチーミングの設定画面が表示されるのでタスクのプルダウンから「チームの新規作成」をクリックします。
eb919ee5-fca2-4cd3-afcc-efdfe3ac4b08
表示されたNICにチェックし、任意のチーム名を入力します。
追加のプロパティでNICチーミングの詳細設定を行うことが出来ます。71f50a86-2073-4aff-b907-3ecc6508b3d4設定が完了したら、「OK」を押下します。

※プロパティの詳細については下記を参照してください。
Check! Windows Server 2012 R2のNICチーミング機能(LBFO)をマスターする

以上でNICチーミング設定は完了となります。

この時点でNW通信断が発生します。
16fc2d44-47ea-437b-bda9-066caaf43ec1

Team1アダプタのNW設定

ネットワーク接続を確認すると、先ほど作成したNICチーミング用のアダプタが作成されています。
なので、そちらに対してNW設定を行います。
6fc217b3-bfff-4ad8-9f0f-dcc640cbc4d2
通常のNW設定と同じように「Team1」に対してNW設定を行います。
e834b1d1-d7a4-4c31-917c-f852e7358271
設定が終わったところでTeam1の状態を確認してみると、正常に通信が行われていることが確認出来ました。
リンクアグリゲーションによって1GBが束ねられて2GBと表示されています。
4650ddcc-f21b-4142-a111-b84ba300fdde実際には2Gbpsで通信可能になるワケではなく、物理的な回線が増えるので多重通信に強くなるといった意味合いが強いみたいです。
多少は速度向上も見込めるような気がしなくもないですが・・・。

では、正常にNICチーミングが動作しているか確認します。
今回はVMwareの仮想環境上なので、片方のNICを無効化してみます。
NIC無効化前)495fbee8-cc37-441e-8b87-52efa3b4df29
NIC無効化後)ea2638e4-41db-429c-8aa4-9be2391c930dNICnの片方を無効化しても通信が途切れることはありませんでしたので、NICチーミングが正常に構成されていることが確認出来ました。

本番用のサーバであれば、NICチーミングは必須になります。
ですので、WindowsServer2012R2を使うなら、標準機能でNICチーミング設定が出来るということは覚えておいて損は無いかと思います。

以上、あいしんっくいっとでした( ..)φメモメモ

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ