誕生日を迎えるのが嬉しくなくなったのはいつからだろうか?まぁ、理由は分かってるんだけれども。

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

先日、めでたく誕生日を迎えたワケなんですが、なんかこう嬉しくないんですよね。
家族はもちろん祝ってくれましたし、自分の生まれた日なんで全く嬉しくないのか?と言われれば、そうではないんですけどね。
ただ、素直に喜べないというか、何というか。

その理由は単純で、「歳をとりたくないだけ」なんですけどね(笑)

ある程度、歳を重ねた人ならきっと分かるハズ。

そもそも、いつから誕生日が嬉しくなくなったんだろうな、と。。。

小学生の頃

誕生日と言えば、とりあえず「プレゼントとケーキが食べれる日」という認識でしたし、歳を重ねることに対して「何の抵抗も無かった」ので、それはそれは誕生日をいつも楽しみにしてましたよw

今考えれば、無邪気でしたね。
まさにウチの子供たちが今そんな感じです。
s-Evernote Camera Roll 20151117 082450

良いなぁー、若いって(笑)
って、私にもそんな時期があったハズなんですけどねw

 

中学生の頃

この頃になると、微妙な感じなんですよね。
プレゼントやケーキは嬉しいんですけど、親に誕生日を祝ってもらうのもそこまで嬉しくは無くなってきて、「おませ&反抗期なお歳頃」に入ってくる。

幸運にも「彼氏・彼女」が居たりなんかしたら、”2人でお祝い” とかして、さぞ嬉しいんでしょうけどね(笑)
残念ながら、当時の私はそこまで恵まれてませんでした(涙)
s-Evernote Camera Roll 20151117 083111

高校生の頃

この頃にもなると「彼氏・彼女」がいる確率も高いので、2人でお祝いするとそりゃあもう “幸せ” でしょうね。
私も月並みに、当時付き合ってた彼女と誕生日を祝い合ってましたよ。
s-Evernote Camera Roll 20151117 084154
思い返すと、高校時代は「恋に勉強?にバイトに」と忙しい日々を送ってたように思います。

仕事で忙しいのとはワケが違う!
「あぁ、青春って甘酸っぱい!」って感じだったような・・・(笑)

親からのプレゼントはもらってたかなぁ?

なんだかんだと、ケーキとおこづかいは貰ってたような気がしますが。。。

「それにしても、あの頃は楽しかったなぁ。」

なんて、こんな事言うと「妻に怒られるのでは?」と思った方もいるでしょう?

甘い、甘い。

ウチの妻とは「高校の頃からの付き合い」なんで無問題(ちょこっと自慢♪)

 

社会人になってから

社会に出て仕事し始めると、「とにかく時間がない」。

しかも、社会人になってからは色々あって、妻とも遠距離恋愛してたんで、誕生日も基本的には1人。
ホント「誕生日なんて全く楽しくない」って感じでしたね。

考えてみると、この頃から「誕生日が特別な日」だと感じなくなったのかも知れない。。。

年齢にすると、23,24歳あたりですかねー。
この頃になって来るとね、「あぁ、歳とりたくねー」って思うようになっていったような気がします。

まさにこの方の言う通りかも?

 

そして、現在・・・

結婚して、2人の子供を持った今、家族皆で祝ってくれるので嬉しいのは、嬉しいですよ。
ホント、家族持ってて良かったなと思いますし。
s-Evernote Camera Roll 20151117 090245

で、でもね。歳はとりたくない。。。

いつからだろうか。“人生は有限” だと感じ始めたのは。
まぁ、そんな事、言っててもしょうがないんですけどね(笑)

色々な意見はあるものの、一般的に誕生日って特別な日なんですよね。

と、グダグダ言ってても、時は流れるし、誕生日も来るし、今を楽しんで生きるしか無いんですけどね~w

以上、あいしんくいっとでした♪───O(≧∇≦)O────♪

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly