あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

我、ストレス発散に最適な方法を模索す。全ては苛烈なストレス社会を生き抜くために。

time 2016/08/28

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

毎日、朝から晩まで仕事仕事仕事。
仕事以外にも子育てやら、家事(やってる?)やらでもう、てんやわんや!!
休みあっても、“休みの日しか出来ないこと”なんてやってると休みの日なんてあっという間に過ぎて行く・・・。
そのうえ、仕事で口うるさい上司に「アレやれっ!、コレやれっ!」って日頃から言われてると、そりゃあストレスも溜まります!ってね(笑)

ストレス社会で生きていく以上、ストレスが溜まるのは仕方ないとしても、”溜まったストレスは発散しないとカラダに良くない”です。

では、溜まったストレスを発散するのに良い方法ってあるのでしょうか。
というワケで、 ストレスを解消するのに最適な方法を考えてみることにします。

sponsored link

我、ストレス発散に最適な方法を模索する。苛烈なストレス社会を生き抜くために。

「貧乏暇なし」って言葉があるように”貧乏人ほど時間にゆとりがない”ように思えます。
お金持ちなら時間にゆとりありそうだし、大富豪とかならストレスとは無縁だったりするのかなー?羨ましいw

ストレスを強く感じる時はどんな時?

そもそも、ストレスってどんな時に感じるのかなーと。

ストレスを感じるのは「自分でコントロール出来ないことをコントロールしようと思った時」らしい。
ふむふむ。やっぱり専門家の意見は参考になるわー。

ストレスが溜まる一番の原因は「人間関係」なんですよねって、そんなの前から知ってたよ。。。
でも、人間ひとりで生きていくことは出来ないというジレンマ。

問題はそこじゃないだろっ!って思わずツッコミたくなるなw
責任転嫁の代表的な例ですな・・・w

人って1人だと寂しいし、かと言って集まると人間関係が〜ってなるし、色々と難しいんですよね。。。

私のストレス発散方法

自分だけのストレス発散方法を見つける。
即ち、コレ最高。

私の場合はコレw
独身の頃はそれこそ、毎日ホールに通ってたんですけどね。
家族持ちになってからはたまにしか行けない。
しかも、軍資金が無いので5スロオンリー♪
s-Evernote Camera Roll 20160823 185906_201608182308でも、それが逆に良いみたいですね。
今のスペックで勝つのは厳しいし、勝つつもりもほぼほぼないので、ストレス発散に行ってるようなモンです。(負けて逆にストレス溜まることもあるけどw)

あとは休みの日にマッタリとブログ書いたりすることですかねー♪
個人的には食うのもアリだと思ってたり。
s-Evernote Camera Roll 20160823 191654_201608182308
あ、出掛けるのもアリかなぁ?
s-Evernote Camera Roll 20160823 191945_201608182308
・・・

ちなみに他の方たちはと言うと、、、

仕事の溜まったストレス発散はこれに限る?らしいw

若い子は定番のカラオケらしい。
あぁ。おじさんも若い頃はよく行ったわ〜。


自分が行かなくなると、「今の時代、カラオケも廃れたんだねぇー」なんて思いがちだけど、若い子はカラオケ行ってるみたい。。。

でも、やっぱコレが一番かも。
“睡眠”に勝てるもの無し!!!

その人にあったストレス発散方法を

最後になりますが、人によってストレス発散の方法は色々あると思います。

音楽聴いたり、ゲームしたり、運動したり、旅行したり。

ぶっちゃけ、ストレス発散出来るなら何でも良いと思うんですよね。
その人にあった方法でストレスを発散するのが一番効果的であり、最適であると思います。

大声では言えないけど、適当な理由つけて仕事休んでボケーっとするのも個人的には全然アリだと思ってます。
ストレス溜め込んでカラダ壊したり、鬱になったりするよりは全然マシだから・・・。

なので、「自分に合ったストレス発散法をひとつ、ふたつ用意しておくと良い」かと思いまーす!
このストレス社会、ともに生き抜いていきましょーーー!!!

以上、あいしんくいっとでしたW(`0`)W

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事