あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

【サーバ構築】ownCloud8で簡単ファイルサーバ構築

time 2015/03/28

スマホやタブレットの普及により、個人でも大容量のデータを保存する時代が本格的にやってきたように思います。
今流行りのオンラインストレージを利用するのも一つの手段にはなりますが、人目に触れたくない大事なデータをオンライン上には置きたくない、という考えは自然なものであると思います。
まぁ、市販されているNASや外付けHDDを利用するといった手も考えられますが、お金かかりますしね。

そこで今回は自宅で簡単にファイルサーバを作る事が出来るownCloudと呼ばれるオープンソースのミドルウェアを使って、サクッとファイルサーバを構築してみたいと思います。

owncloud-log2 ownCloud公式サイト

え、難しそう?、決してそんな事は無いですよ。頑張っていきましょー♪

 

sponsored link

今回のシステム構成

今回は検証なのでESX上に構築したいと思います。
環境:自宅のESX上の仮想マシン
OS:CentOS 7
CPU:1個
メモリ1GB
HDD:30GB
owncloud-1

 

構築手順

では、実際の構築に入りたいと思います。

1. SELINUX・firewall(iptables)無効化
SELINUX及びfirewall(iptables)が無効である事を確認し、有効であれば停止して無効化します。
(これらが起動していると結構ハマります・・・)

# getenforce
Disabled
# systemctl status firewalld
firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled)
   Active: <span style="color: #00ff00;">inactive</span> (dead) since 土 2015-03-28 13:27:00 JST; 1s ago
  Process: 2873 ExecStart=/usr/sbin/firewalld --nofork --nopid $FIREWALLD_ARGS (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2873 (code=exited, status=0/SUCCESS)

 3月 28 13:26:40 localhost.localdomain systemd[1]: Starting firewalld - dyna...
 3月 28 13:26:40 localhost.localdomain systemd[1]: Started firewalld - dynam...
 3月 28 13:27:00 localhost.localdomain systemd[1]: Stopping firewalld - dyna...
 3月 28 13:27:00 localhost.localdomain systemd[1]: Stopped firewalld - dynam...
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

2. 必要となるミドルウェア導入
・wget,htttpd

# yum install -y wget httpd

・ownCloud用レポジトリ導入

# cd /etc/yum.repos.d/
#  wget http://download.opensuse.org/repositories/isv:ownCloud:community/CentOS_CentOS-7/isv:ownCloud:community.repo

・その他必要なモジュール導入

# yum install php-mysql php-gd php-pdo

・ownCloud8導入

# yum install owncloud -y

少し時間がかかりますが、気長に待ちましょう^^;

・MariaDB導入
バックエンドで使用するDBを導入します。

# yum install mariadb-server -y

・/etc/my.cnf編集
文字コードを「UTF-8」に変更します。
下記を追記してください。

# vi /etc/my.cnf</pre>
<pre xml:space="preserve">character-set-server=utf8

・MariaDB起動
初期設定を行うために起動します。
パスワード以外は「Enter」OKです!

# systemctl start mariadb
・MariaDB初期設定

 

# mysql_secure_installation
NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
 SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user. If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n]
New password:<span style="color: #ff0000;">[任意のパスワード入力]</span>
Re-enter new password:<span style="color: #ff0000;">[任意のパスワード入力]</span></pre>
<pre xml:space="preserve">Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!

By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them. This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother. You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n]
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'. This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n]
 ... Success!

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access. This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n]
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n]
 ... Success!

Cleaning up...

All done! If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

・ownCloud用のDB設定

ownCloud用のDB設定を行います。
# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or g.
Your MariaDB connection id is 12
Server version: 5.5.41-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE owncloud;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> GRANT ALL ON owncloud.* to owncloud@localhost IDENTIFIED BY 'owncloud';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit;
Bye

・Apache起動
Webサーバーを起動させます。

# systemctl start httpd

 

アクセス確認

下記にアクセスします。

http://<IPアドレス or ホスト名>/owncloud

すると下記の画面が表示されるはずです。
owncloud-2

 

ユーザ名に「admin」、パスワードはMariaDB初期設定時に設定したパスワードを入力します。

owncloud-3

 

すると下記の画面が表示されますので、一旦「×」を選択します。
(後でもアプリは購入出来ます(ちな優良ですw))
owncloud-4

 

これで導入は完了です。
使い方についてはまた改めて紹介したいと思います。
それではまた!

owncloud-5

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ