あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

Google検索で知っておくと検索がはかどる便利な検索方法6つ!

time 2016/01/23

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

「オッケー!グーグル!」といった言葉も有名になるほど、検索のデファクトスタンダードの位置まで上り詰めたGoogle。
検索といえばGoogle、といってしまっても良いのではないかと思ってます。
google-logo-201601230746
だが、しかし。

googleには便利な検索方法がたくさんあるのを知っている人ってどれだけいるのでしょうか。
今回はコレは知っておくと便利!
と、個人的に感じた検索の仕方を厳選してお届けしたいと思いまーす。

sponsored link

Google検索で知っておくと便利な検索の仕方

今のGoogleは賢いので、普通に検索キーワードを入力するだけで事足りることが多いのですが、
知っておくにこしたことはないと思います。

完全一致検索

検索キーワードを”(ダブルクォーテーション)で囲います。

例) “検索キーワード”

検索キーワードと完全に一致した検索結果を表示したい、といったときに便利です。

検索キーワードから特定のキーワードのみ除外したい

検索キーワードから特定の検索キーワードを除外して検索結果を表示したい時に使います。

例) “検索キーワード” -“除外キーワード”

この場合、”検索キーワード”で検索されますが、”除外キーワード”で指定したものは除外されます。
言い換えると、「”除外キーワード”以外の”検索キーワード”で検索」といった感じです。
これはなかなか使えると思います。

両方のキーワードを含む検索をしたい

ANDを使うことで両方のキーワードを含む結果を表示することが出来る。

例)”検索キーワード” AND “検索キーワード”

ANDを使わずに検索すると、”どちらか片方”でも検索に引っかかると表示されてしまいます。
ANDとすることでどちらにも引っかかる検索結果が表示されます。

いずれかのキーワードを含む検索をしたい

ORを使うことで複数のキーワードを含む結果を表示することが出来る。

例)”検索キーワード” OR “検索キーワード” OR “検索キーワード”

ORを使って検索すると、”いずれかのキーワード”で検索に引っかかるものが表示できます。

サイト検索

具体的なサイト名で検索したいときに使える。

例) site:<URL>

URLに「i-think-it.net」とした場合、
サイト名が「i-think-it.net」である検索結果が表示される。

URL検索

検索キーワードが含まれるURLを検索したいときに使える。

例) inurl:<キーワード>

URLに「i-think-it」とした場合、
サイトのURLに「i-think-it」が含まれる検索結果が表示される。

他にもまだまだあるのですが、個人的に役立ちそうな検索方法をピックアップしてみました。
とりあえず、上に挙げた検索方法を知っておくだけでもそれなりに役立つこと間違いなし。
これらを覚えておいて、ストレスのないGoogle検索を行いたいですねー。

以上、あいしんくいっとでした。

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事