”他人の初体験”って興味無いですか?初体験の思い出と言えば、やっぱりエッチなヤツが連想されるらしい

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

「初体験」

それは問答無用でエッチな想像が膨らむ不思議なキーワードですよね。
s-ファイル 2016-06-16 23 22 15201606162327
えぇ。もちろん、私も大好物ですw(キリッ)
だって、男なんて皆変態でしょw?

今回はそんな「初体験」についてのお話です。

ん~、何だろうこの感じ。。。
ものすごい背徳感を感じる・・・;;

初体験の思い出と言えば、やっぱりエッチなヤツが連想されるらしい

初体験なんて普通に生きてたら、いっぱい経験してるはずなんですけどね。
車の運転にしろ、お使いにしろ、学校にしろ、何でも初めて経験すること全てが「初体験」なワケですから。

とは言え、世間一般で認知されてる「初体験」と言えば、やっぱり“甘酸っぱい青春の思い出”なんですよね。

今回は 手抜き趣向を変え、他人の「初体験」についてご紹介しておきたいと思います。
まぁ、ランサーズで募集したヤツなんですけどね(笑)

“あなたの初体験の思い出書いて下さい”ってお願いしただけで、こちらの期待通りの記事が集まりましたw
(うーん、想定通り♪)

でも、キレイごと抜きにして、

“他人の初体験って興味ありませんか?”

初体験はディーラーマンとホテルで・・・ (Aさん:女性)

家族や友人以外の前で裸になるという経験なんてなかったので、緊張と恥ずかしさでまともに相手の顔を見れなかったことを今でも覚えています。

もちろん男性のものを触るのも受け入れるのも初めてで、戸惑いの連続でした。
変なことは言ってないかとか、恥ずかしいとか、いろんな考えがぐるぐると頭の中を駆け巡ったことを覚えています。

中でも記憶に残っているのは、ホテルの部屋に入った途端、部屋中に響くアダルトビデオの大音量。テレビは付いていないのに…。
BGMなの?ムードも何もないなあ、とぼんやり思っていたことを覚えています。

肝心の初体験の内容は、緊張で覚えていないことがほとんどですが、丁寧にしてもらったからか、雑誌や友人たちから見聞きしていたような痛みもなく、「ああ、いま受け入れてる」と感じられるような初体験を終えた記憶があります。
耳元で「彼氏にはもちろん内緒だよ」と囁かれ、背徳感と高揚感、彼氏への申し訳なさに胸が張り裂けそうになりながらも、初めての心地よさに、男性の背中に縋りつかずにはいられませんでした。

その後も何度かその男性と体を重ねましたが、ディーラーだった彼は転勤となり、二度と会うことはありませんでした。

成人式会場からそのままホテルで初体験(Bさん:男性)

初体験は成人式会場から始まったのですが、個人的には本当に突然のことであって自分自身の感情を表現することなくあっという間に済んでしまったように思います。
この初体験の相手になったのは、高校時代に同じクラスだった一人の女性です。
初体験をすでに済ませているだろうと思えるほど派手な感じになっていたので、私なんて眼中になく新たなイケてる彼氏でも探しに成人式に訪れているように見えました。
ところが、彼女は初体験を私と行うということを昔から密かに決めていたようで唐突に告げられて驚いたことを現在でも鮮明に覚えています。
市長の挨拶が終わり自由時間が到来したら、学生時代には全体的にボッチだった私は一人でファミレスにでも行って時間を潰そうかと思っていたのです。
しかしながら、遠くから華やかな感じの衣装に身を包んだ彼女が早歩きで近づいてきました。
そのまま私の横を通りすぎて彼氏のところへ行くのだと思ったら、私の目の前で立ち止まったのです。
もしかしたら告白でもされるのだろうかとかなりのポジティブシンキングを行っていた結果として、私は誘われました。
女性としての魅力が凝縮されたような体をしていたので、夢なら覚めないで欲しいと思ったものです。
そのまま郊外にあるピンク色した建物に向かうやいなや、私は彼女にされるがまま楽しい時間を堪能出来ました。
それからは一度も彼女から連絡してもらっていませんが、自信がついたので彼女を作ることに成功しました。
あいにく私の初めてを彼女に捧げることはできませんでしたが、女性との付き合い方のノウハウを一晩にして身に付けることができた日の思い出は役に立っています。
当時のことを思い出したら、私の体の動きの一つひとつにダメ出ししてくれた同級生には感謝してもしきれません。
初めての彼女から褒められたのは、全て同級生のおかげであったと言っても過言ではありません。これからは彼女と愛を紡いでいきたいです。

初体験の彼女とはその後どうなったのか?
気になりますねー。

初体験は「あの日の夏の思い出」(Cさん:女性)

私の初体験は20歳の夏でした。
高校の同級生から卒業式の後に告白され、付き合うことになりました。
お互いに初めての彼氏と彼女で、どうしていいかわからないことばかりで、なかなか進展しません。
付き合って4か月目に初めてのキスをして以来、ずっとそれ以上のことがないまま、気づけば2年目の夏を迎えていました。
自分自身はキスだけでも十分満たされていたし、その先に進むのは怖い気もしていましたが、何もされないのも逆に不安になるものです。
自分に魅力が足りないのかな、などと友達に相談しました。
おせっかいな友達というのはどこにでもいるもので、さりげなく彼をそそのかしてあげる、と言います。
その友達のカップルと、遊園地でWデートをすることになりました。

昼間は遊園地で遊び、そのまま夜は居酒屋に行きました。
私がトイレに行っている間に、友達カップルは彼に私が不安がっていることを伝えたようです。
21時頃居酒屋を出て友達カップルと別れると、彼は私の手を握り、「今夜は帰らなくてもいい?」と聞いてきました。
いよいよ、その日が来たのです。

タクシーに乗り、隣の街のホテル街へ行きました。
週末だったのでほぼ満室で、かなり高めの部屋しか空いていませんでしたが、ここで帰るわけにもいきません。
部屋に入ると、サービスで缶ビールが置いてありました。
もう既に酔っていたけれど、飲まなきゃどうしていいかわかりません。
とにかくぎくしゃくと乾杯しました。
そして無言の時が流れ、とうとう彼が「先にシャワー浴びたら?」と言い出しました。

ドキドキしながらシャワーを浴び、はて、この後どんな格好で出ていけばいいんだろう?と困ったあげく、私ときたら、着ていた服をもう一度着て出てしまいました。
バスタオル一枚ってのも、何だかいかにもだし(いや、そういうことしに来てるんですが)…。
彼はその時どう思ったのでしょう?今では笑い話ですが、その時は必死でした。

そして、その後彼もシャワーを浴びて出てきました。
バスタオル一枚で。(そりゃそうですよね。)
ベッドにやさしく押し倒され、服を脱がされました。
とにかく恥ずかしくて、どうしていいかわからず、されるがままでした。
映画のラブシーンとかで見たことはあったけど、まさか自分から本当にあんな声が出るなんてびっくりしたのを覚えています。

その日は結局あまりの痛さに耐えきれず、結局失敗に終わってしまいましたが、彼はそのことにショックを受けた様子も見せず、最後まで優しくしてくれました。
ますます彼を大好きになった一日でした。

その後、二人で旅行した際に、無事に本当の初体験を終えましたが、私にとっての初体験は、未完だったけれどもあの夏の日の出来事なのです。
目が覚めた時に大好きな人の顔がすぐ横にある幸せを知った日でした。

初体験って意外に上手く行かなかったりするんですよね。

女性への恐怖心を克服し、無事に初体験(Dさん:男性)

私の初体験は大学二年生の時でした。学生時代から女性に対して恐怖心が強く、直接女性と話すことが苦手でした。
話しかけられても敬語で挙動不審な態度を取っていた為に青春時代の恋などは全くありませんでした。
そんな中で、親友が初めて彼女が出来た時に、このままではダメだと感じ、女性と真っ直ぐ向き合うことにしました。
女性に対して興味はとてもありましたので、親友の彼女に頼んで話し相手になってもらい、女性と会話する練習をしたり、合コンなどにも積極的に参加しました。

そんな練習を続け、半年ほどで女性と会話をする事が出来るようになりました。
その後、友人の紹介で一人の女性を紹介してもらい、連絡を取り合うようになりました。
半年ほど、メールで連絡を取り合い、会うことになりました。最初の待ち合わせは新宿のサザンテラス口で、お互い大学生だったので、6時に待ち合わせをしました。
練習したお陰かあまり緊張もせずに本番を迎える事が出来ました。その日は、ご飯を食べて散歩をしながらお話をして帰りました。
自分が女性とデート出来たことの嬉しさと好きになるという初めての事に驚き、充実感でその日は満たされました。
その後、何回かデートをして、4回目で告白をしました。

オッケーをもらって人生初めての彼女が出来ました。5回目のデートで手を繋ぎ、良い雰囲気になりキスをしました。
そのあと雰囲気でホテルに行くことになりました。その時は流石にテンパってしまいましたが、相手の女性も初体験という事を聞いていたので、少し気持ちの余裕はありました。
いざホテルに行くと如何わしい雰囲気に、理性を忘れてしまいました。これが初体験なのかという期待と不安でいっぱいでした。

いざやってみると、初めてだったという理由もあると思いますが、期待以上の快感はありませんでした。
しかし、彼女をそっと抱きしめた時に達成感と充実感で満たされていました。
今ではこの初体験は思い出で、良い経験だったと感じています。

最後に・・・

いかがだったでしょうか。
皆さまから頂いた「初体験という貴重な思い出」を編集していると、何だか罪悪感&背徳感でいっぱいになりました・・・。
内容の真意はさておき、「初体験」というのはものすごく大事な思い出ですからね。
でも、こういった体験談って気にはなるものの、表立って聞くことなんて出来ないし、色々と勉強(?)になりました(笑)
皆さま、ホント良い仕事ありがとうございました。

この皆さまから頂いた貴重な体験が、”Virginなう”な皆さまの少しでもお役に立つことを願って。

以上、ゲスなあいしんくいっとでした(グェッ~ヘッヘッヘッw)<m(__)m>

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly