あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

esxi6.5のHostClient経由でOVAインポートに失敗した時に試したこと

time 2017/03/05

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

vSphere6.5より、従来のvSphereClientがサポートされなくなる事を知り、WebClientに慣れておこうとHostClientを使い始めています。

vCenterを導入することで提供されるWebClientとは操作感は多少は異なるんでしょうけど、HostClientはHTML5ベースで出来ているので動作もキビキビしてて、慣れるとそれなりに快適です♪
(さすがに長年親しんだvSphereClientに使い勝手は劣りますが・・・)

製品サポートに関する注意事項

– vSphere 6.5 以降では、vSphere Client のサポートが廃止されます。vSphere Client は、vSphere 6.0 以前のバージョンで提供されている、インストール可能なクライアントの 1 つです。vSphere 6.5 では、vSphere Client はサポートされず、製品ダウンロードにも含まれません。vSphere 6.5 では、HTML5 ベースの新しい vSphere Client が導入され、vCenter Server で vSphere Web Client と共に提供されます。vSphere Web Client のすべての機能が、vSphere 6.5 リリースの vSphere Client に実装されているわけではありません。

引用元 VMware vSphere 6.5 リリース ノート

とまぁ、そんなことはどうでも良いのですが、先日OVAインポートをHostClient経由で行おうとしたところ、インポートに失敗しました。

さて、何故だと思いますか?

sponsored link

esxi6.5のHostClient経由でOVAインポートに失敗する時に試したいこと

エラーも何も出ない。
OVAインポート始めて、そのまま放置してるといつの間にやらインポートに失敗してた。。。

原因は「HostClientのタイムアウト」

何故、OVAインポートに失敗するのか・・・。
考えられるとしたら、OVAインポートし始めてから放置してた事くらい。

あれこれ調べて考えてみるも原因がよく分からず、仕方なく再インポートしてみると今度は上手くいった!
ここまで来てようやく「HostClientのタイムアウト」が原因であることに気付きました。

「インポート処理をしている時はブラウザを閉じないで下さい」って表示されてるのに、勝手にタイムアウトされてインポート処理に失敗するという矛盾。。。

HostClientのタイムアウト値のデフォルトは15分。
さすがに短すぎるのでもっと長くするか、思い切って無効にするのも良いかも知れませんね。

HostClientタイムアウト値の変更手順

手順は簡単。
HostClientにログインし、アカウント設定から[設定] – [アプリケーションのタイムアウト]と選択し、
任意のタイムアウト値、もしくは無効を設定します。

デフォルト設定だと15分。
設定出来るタイムアウト値の最長は2時間。なので、最長に設定したとしても2時間以上かかるOVAインポートは失敗することになります。
なので、私は「無効」に設定し、再度OVAインポートを試みたところ見事にインポートに成功しました!

どうですか。
今後のESXiのモジュールアップデートでデフォルトのタイムアウト値が見直され、改善するかも知れませんが、
ESXi6.5のHostClient経由でOVAインポートに失敗する時は「タイムアウト値」も併せて確認してみて下さい。

以上、あいしんくいっとでした_φ( ̄ー ̄ )

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ