あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

ESXiで仮想マシン起動時に「仮想 Intel VT-x/EPT を使わずに続行しますか? 」って聞かれた場合の対応

time 2015/12/13

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ESXi上に構築した仮想マシンを起動しようとすると、たまに聞かれるこのフレーズ。
いわゆる「仮想アプライアンス」を起動しようとした時に聞かれることが多いような。。。
a6dc7c3e-53a4-4a11-81a1-16c869518bdb
「質問への回答」をクリックし、進めると以下のメッセージが出力されて仮想マシンの起動処理が止まってしまう。。。

「Virtualized Intel VT-x/EPT is incompatible with this virtual machine configuration.
仮想 Intel VT-x/EPT を使わずに続行しますか?」

a049dee8-46b2-40ab-8fda-10f9d69800f1

 
質問に「はい」と答えれば、何事もなかったかのように仮想マシンが起動するのですが、起動の度に毎回答えるってのも面倒なんですよね。

そんな時は対象仮想マシンの「*.vmx」ファイルに下記の1行を追記します。

vhv.enable = “FALSE”

 

sponsored link

ESXiで仮想マシン起動時に「仮想 Intel VT-x/EPT を使わずに続行しますか? 」って聞かれた場合の対応

vmxファイルに追記

ESXiを選択し、[構成] – [ストレージ] とクリックし、仮想マシンが格納されているフォルダ内の「*.vmx」に以下を追記します。
なお、直接書き込みは出来ないので対象の「*.vmx」ファイルをダウンロードし、
18033f52-e81d-4690-9d5e-5b207fe2db39

 

ローカルのテキストエディタなんかで追記して下さい。

~略~
cleanShutdown = “TRUE”
softPowerOff = “TRUE”
tools.syncTime = “FALSE”
uuid.location = “56 4d d2 99 50 88 f7 5b-d1 04 98 a2 8d 51 bf b2”
vhv.enable = “FALSE” ←追記

 

修正したファイルを再びアップロードすれば完了。
05b9b4a4-9214-4c50-845f-ea52f4659ef8
これで「質問への回答」を求められることなく、ノンストレスで仮想マシン起動が捗ること間違いなし♪
使う機会があるか、無いかは別として覚えておくと良いかも。

以上、あいしんくいっとでした。


sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事