あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

【ESX】ESXにvSphereクライアントで突然接続出来なくなった件

time 2015/03/29

生ある者は必ず死あり。

sponsored link

突然、接続出来なくなった・・・

ある日突然、我が家のESX5.5にvSphereクライアントで接続する事が出来なくなりました。
接続しようとすると、こんなエラーが・・・。

esx-error-0

 

トラブルシューティング開始

これは一体、と思いping疎通を確認すると疎通は出来る・・・。

esx-error-1

 

とは言え、何度やってもvSphereクライアントで接続エラーになるので、仕方なくESXホストを再起動する事に。。。
(ESXホストは家の2階に置いてあるので上がるのが面倒なのですが・・・w)
そして再度接続を試みるも接続出来ず・・・。

 

そして、途方に暮れる・・・。そして!

その後、ESXホストのコンソールでシステムログを一通り見るも特に目立ったエラーは見当たらすに途方に暮れる。
ネットで色々調べて見て、ブラウザでhttps接続を試してみたりするも結局は接続出来ず・・・。
「仕方無いから、ESXホスト再インストールかなぁ」とか考えていたのですが、ふとESXホストにSSH接続してみると、なんと接続出来た!

esx-error-3

 

 

解決!

SSH接続して、仮想マシンのホスト名を見た瞬間にすべての謎は解けた!
そう、接続出来なくなる前にこの仮想マシンを作成していて、IPをESXホストと同一のものにしていた事を。
結論として、仮想マシンがESXホストのIPアドレスを奪ってしまっていた!
しかも、ご丁寧にその仮想マシンはESXホストが起動すると自動起動するようにセッティングされていた。

あぁ、何という馬鹿な事を。

と自分の馬鹿さ加減に呆れつつ、仮想マシンに「shutdown -h now」とぶちかまし、無事接続出来る様になったのでした。

記念に1枚。

esx-error-4

 

 

結論

と、今回は自分で構築したにも関わらずにESXホストのIPアドレスをうっかり失念していた挙句、うっかり仮想マシンに同一IPを付与してしまい、そしてうっかり仮想マシンを自動起動させていたという3重ミスが招いた障害であった。

皆さん、くれぐれもESXホストと同一のIPを仮想マシンには設定しないようにしましょうw(白目)

 

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事