あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

【AWS】EC2インスタンスにGUIでアクセス(RHEL6.5 + VNC)

time 2015/03/24

ども。
1年前にデジタル一眼を購入したにも関わらず、ろくに使わず、果てにはうっすらホコリがかぶり始めているAnonymousです。
デジタル一眼って重いし、持ち運びにくいせいか使う機会が限られるんですよね~。
とは言え、これから暖かい季節(春)を迎えるので無理矢理にでも使おうかな~、なんて考えています。

さて、今回はAWS上に構築したRHEL6.5のEC2インスタンスにGUIで接続する機会に恵まれたので、VNCを使ったGUIアクセスについて記載したいと思います。

 

sponsored link

VNC周りの設定

・VNCサーバ導入

# yum -y install tigervnc-server

・X Windows System、Desktop導入

# yum -y groupinstall "X Window System" "Desktop"

・VNC用ユーザ作成

# useradd vnc01

・OSパスワード設定

# passwd vnc01

・VNC用接続用パスワード設定

# su - vnc01 -c "vncpasswd"

・設定ファイルの作成

# vi /etc/sysconfig/vncservers
~以下、設定内容~

VNCSERVERS="1:vnc001"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768"

※複数ユーザでアクセスさせる場合は下記のように設定
(当然、コンソール分のユーザ作成が必要になるので注意すること)

VNCSERVERS="1:vnc001 2:vnc02"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768"
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 1024x768"

・vncserver起動

/etc/init.d/vncserver start

 

AWSセキュリティグループ解放

VNCの接続には5900+設定したコンソール番号のポート解放が必要となります。
今回はコンソール番号として1番を設定しているので5901のtcpポートを解放します。
セキュリティグループの解放手順については省略します。

 

接続確認

クライアントPCにVNCクライアントを導入し、実際に接続出来る確認します。
VNCクライアントとしては、「RealVNC」、「UltraVNC」、「TigerVNC」といったものがありますが、
普通に使うのであればどれを使っても問題ないように思います。
ここではTigerVNCを用いて接続確認を行いました。

・接続先
対象ホスト:<コンソール番号>

1.接続情報入力
vnc-0

 

2.パスワード応答
vnc-1
3.ログイン画面が表示
vnc-2
以上でEC2インスタンスにGUIで接続する事が可能となります。
OracleのインストールなどGUIが必要になる場面もあるかと思いますので、そういった場合に使えると思います。
ではでは。

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ