DTIのServerMan@VPSを使い始めて3ヶ月、使い心地を書いてみたいと思う。

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)のレンタルサーバ「ServerMan@VPS」を使い始めて3ヶ月が経ちました。
月々500円という驚異的な安さながら、デイリー3,000PVかつ月間PV93,000PVを突破した本ブログを問題なく支えてくれています。



今回はそんなDTIのServerMan@VPSを3ヵ月間使い続けた感想について書いてみたいと思います。

DTIのServerMan@VPSを使い始めて3ヶ月、使い心地を書いてみたいと思う。

個人的にレンタルサーバで大事なのは「価格」「安定性」「サポート対応」3つだと思っています。

価格

DTIのServerMan@VPSは500円です。
VPSという選択肢のなかで「メモリ1GB、HDD50GB、月々500円」というのは脅威的な安さです。

例えば、AWSのEC2。
ここで具体的な金額について言及されていますが、東京リージョンで一番安価なインスタンスタイプである「t2.nano」でも1ヵ月あたり$7.2(円換算で大体783円 ※2016/04/17現在)
しかも、AWSの場合はEC2インスタンスの料金だけでなく、データトランスファーにもお金がかかるので実際の価格はもっとかかります。

参考 AWS月額料金チートシート

過去に私もAWSでブログを、、、と試みましたが、料金があまりに高くなりそうなのでやめたという経緯があります。

他に有名なところとしてはさくらのVPSが挙げられますが、こちらも少々高い感じです。
左列のプランはメモリ容量を示しています。
sakura-vps-cost
他にもGMOなどがありますが、ServerMan@VPSの「メモリ1GB、HDD50GB、月々500円」には敵いません。
gmo-vps-cost
ただ単に「安いが一番」とまでは言い切れませんが(性能面で)、使わなくなるという可能性も考慮すると、やはり安いにこしたことは無いと思います。

安定性

DTIのServerMan@VPSを3か月間使ってきましたが、サーバが落ちるといった事象には遭遇したことはありません。
下の画像をみてもらえば分かりますが、ちょうど3ヵ月が経過しました。
ロードアベレージも安定しています。
serversman-vps
月々500円とは言え、サーバが頻繁に停止していては使い物にならないところですが、ServerMan@VPSに限ってはそんなことはありません。

サポート対応

以前、メモリのSWAP領域が解放されないといった事例でDTIにメール問い合わせを行ったのですが、レスポンスも早く好感を持ちました。
(ただ、回答は残念なものでしたが・・・)
dti-question
まぁ、回答結果はともかく、サポートのレスポンスが早いと言うのは良いことであると思います。
中にはサポートに問い合わせしても回答が全く帰ってこないケースもありますからね。
その点、ServerMan@VPSのサポートはしっかりしているように思います。

リアルタイム?かどうかは不明ですが、管理コンソールからサポートの様子が確認出来たり(笑)
serversman-vps-siLK-hotline
長々とServerMan@VPSについて書いてきましたが、現状は満足しています。
月々500円でVPS環境が持てるのは魅力的ですし、DTIのServerMan@VPSは自信を持ってオススメです。
VPSはじめるならServersMan@VPS

 

以上、あいしんくいっとでした(‘ω’)ノ

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly