あなたのアカウントも狙われている!?使ってはいけないパスワード、設定すべきパスワードを押さえておこう!

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

セキュリティの重要性が叫ばれる近年においても、”安易なパスワード”を設定している人は大勢いるようです。
簡単な数字の連番や単語といったパスワードはとっても危険ですし、LineやTwitterといったSNSのアカウントを乗っ取られかねません。
s-dont-use-password-use-password-0パスワードの複雑性はもちろんのこと、パスワードクラックツールを使うと8桁で15時間ほどでクラックされてしまう、とも言われているようです。
あなたのパスワードは大丈夫ですか?

使ってはいけないパスワード

”使用してはいけないパスワード”というものが、下記のサイトで公開されています。
SOPHOS – 使ってはいけないパスワード

では、1位から10位まで発表していきたいと思います。

第10位:「12345」

どう考えてもこれは”アウト”ですね。
単なる数字の連番ですし、誰もが思いつきそうな簡単なパスワードの代表例みたいなもんですw

第9位:「consumer」

消費者という意味を持つ”consumer”が第9位ですか。
日本ではあまり馴染みのない単語ですが、海外ではポピュラーなのでしょうか?
どちらにしても簡単な単語なので危険ですね。

第8位:「monkey」

猿という意味のmonkey。
こんなのをパスワードに設定する人っていてるんですね。

第7位:「111111」

これはダメですね。同一の数字を並べただけ。
こんなの”クラックしてくれ”って言っているようなものです。

第6位:「abc123」

これもやりがちなパスワードですね。
アルファベット+数字。
アウトです。

第5位:「qwerty」

キーボード配列を覚えているがゆえに設定してしまいがちなパスワード。
ダメです、アウトです。

第4位:「lifehack」

”仕事術”を意味するlifehack。
海外ではこういった単語をパスワードとして設定しているみたいですね。

第3位:「12345678」

数字8桁はクリアしているものの、相変わらず数字の連番ですか。
少し考えるとすぐに思いつきますね。

第2位:「password」

誰もがやりがちなパスワードの代表例ですね。
開発環境なんかだと、私もついつい設定してしまいがちなのですが、避けたほうが良さそう。

第1位:「123456」

何のヘンテツもないただの数字の連番6桁。何と警戒心の無いパスワードなんでしょう。
設定してはいけないパスワード第1位なのも頷ける。。。
もし、狙われたら一たまりもないでしょうね。
dont-use-password-use-password-1

他にも、以下の点に注意が必要のようです。
・生年月日や氏名といったも
・電話番号といったもの
・辞書の単語
・地名

これらについてもパスワードとして設定するのは避けるべきであると思います。

 

では、逆に設定すべきパスワードとは?

設定してはいけないパスワードは上記の通りでした。
では、”設定すべきパスワード”について考えてみましょう。
・最低でも8文字以上のパスワードにする(12桁まで行くと解読に25万年?かかると言われているらしい)
・パスワード管理ツール等で生成した「QGu(JtrYSZIY」といったパスワードにする

ただし、桁数を多くし、特殊記号を混ぜるなど強度の高いパスワードにすればするほど、管理しにくくなるといった”ジレンマ”が生まれてしまいます。
そのため、下のサイトで紹介されているようなパスワード管理ツールを導入するのも一つの手であると思います。

アカウントが乗っ取られる前に入れておきたい、人気のパスワード管理ツールを徹底比較

少しでも強度の高いパスワードを設定することで、”アカウント乗っ取り”といった被害を受けないようにしたいものですね。

以上、あいしんくいっとでした。

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly