あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

子供は大きくなるにつれ、写真を撮らせてくれなくなる。どうすれば快く撮らせてくれるのか?

time 2016/04/27

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

個人的に思い出カタチにしておくのはとっても良いことだと思ってます。

中には「心の中にだけ留めておく方が良い思い出」とかもあるのでしょうけど、往々にして良い思い出は忘れてしまいがちですからね。

その点、思い出をカタチにしておけば振り返りやすいというワケです。

そんな思い出をカタチにしておく、ひとつの方法として挙げられるのが「写真として残しておく方法」です。
Evernote-Camera-Roll-20160426-192249
「いついつ、誰と、どこへ行った。」とかも、写真に残しておくと、何年経っても振り返りが出来て便利です♪

中でも、「子供の成長を写真として残しておく」というのは一般的にも有名で、多くの方が実践されているとても良い方法だとは思うのですが、子供が大きくなるにつれ写真に撮られるのを嫌がるようになるのも事実です。
(中には「そんな事はない!」って方も居るかもですけどw)

例えば、我が家で良くあるやりとり。

私「写真撮らせてクレメンス」

子供「え~~~、やだ。無理!」

「おいおい。撮らせてくれよ〜〜〜orz」

とまぁ、こんな感じ。
ホント全くもって困ったもんだ。。。
さぁ、どうすればいいのか?

sponsored link

子供は大きくなるにつれ、写真を撮らせてくれなくなる。どうすれば快く撮らせてくれるのか?

親としては子供の成長を写真として残しておきたいところ。
でも、子供が大きくなればなるほど、子供は写真を撮らせてくれなくなる。。。

カメラのファインダー向けただけでも嫌がられる始末。
小さい頃は「もっともっと撮って〜♪」っポーズまでとって、たくさん撮らせてくれたのに・・・(笑)
シャイなだけかもですけど、時間は残酷だw

大きくなるにつれ、子供は写真を撮らせてくれなくなる?

これって我が子だけなのか?
・・・なんて事は無かった(笑)

まぁ、そう簡単には撮らせてくれないわな。

もしかすると、ただ単に“シャイなだけ”という説も。。。

う~ん。子供の写真撮るのは良いけど、プロフィールとかに使うのは個人的にはNGかなぁ。

そうそう。そうなんです!

どこも同じなんですね・・・。

まぁ、我が家も例外なく嫌がられているのですが、一体どうすれば子供は快く写真を撮られせてくれるのでしょうか?

イベントごとをピンポイントで狙う!

入学式、卒業式・・・etc
イベントごとの時ばかりはさすがに撮らせてくれますね。
なので、イベントごとの時を狙ってピンポイントで写真を撮りまくる、と。
ホントはイベントごとでなくても写真に収めておきたいな〜、なんて思うのですが仕方ないんですかね。

何もなくてもすんなりと写真撮らせてくれたら良いんですけどね〜。

交換条件を提示してみる

◯◯買ってあげるとか、◯◯してあげるとか。
モノで釣ったり、言うこと聞いてあげたり。

「何でこんなに下手に出やんなあかんね〜ん!」

って思うこともありますが、これも可愛い我が子の成長を写真に残してあげるため。。。
我慢しましょう、我慢(笑)

勝手に撮る

ホントに最終手段。
自分の子供だし、たぶん問題無いでしょうw

ただ、この方法には大きな欠点があります。

そう。「視線がこちらに向かない」です。

ま、勝手に撮ってるんですから、当たり前っちゃ〜、当たり前なんですけどね。
それにしても、“視線がカメラに向いてない”のは写真撮る上で致命的かも知れないですけどね。

いや〜、それにしてもいつからだろう。
カメラのファインダーを向けると嫌がり出したのは・・・。
今となってはもう、思い出せない。
Evernote-Camera-Roll-20160426-192125
昔は普通に撮らせてくれてたんですけどね?
(普通か?w)

と、考えつく限りを挙げてみたワケですが、自分で言うのも何ですけどロクな方法が無いですね〜(笑)

もうちょいスマート(マシ)な方法があるとは思うんですけど、良い方法があれば教えて下さい〜♪

以上、あいしんくいっとでしたσ(^_^;)

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ