【CentOS7】任意のユーザで自動ログインさせる方法

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

CentOS7のGUI、いわゆるXウィンドウシステムであるGHOMEをプライベートや検証環境で使う場合、自動ログインさせたい時ってあるんですね。
再起動する度にパスワード打ち込むの面倒だし・・・。
たぶん、セキュリティ的にはアウトだけど、検証で使う分には問題ナシだと思います、たぶん。

毎回、パスワード打ち込むのは面倒・・・。

以前、Windows10でも自動ログインネタを書きましたので、良ければそちらも参考に。

過去記事 Windows10で自動ログインする方法について

では、自動ログインの設定方法について書いておきたいと思います。

CentOS7のGHNOMEで自動ログインさせる方法

まず、デスクトップ上で端末を起動します。
(TertermなどでSSH接続してもOK)

自動ログイン用ユーザ作成、設定ファイルを弄るのでrootユーザにスイッチします。

# su -

自動ログインさせるユーザを作成

あらかじめ自動ログインさせるユーザを作成し、任意のパスワードを設定します。
ここでは「hoge」ユーザを自動ログイン用ユーザとして作成します。

# useradd hoge
# passwd hoge

/etc/gdm/custom.conf 編集

/etc/gdm/custom.confの[daemon]セクションに3行追記します。

# vi /etc/gdm/custom.conf

[daemon]
TimedLoginEnable=true # 追加
TimedLogin=hoge  # 追加
TimedLoginDelay=1 # 追加

これで「hogeユーザでログイン画面が表示されてから1秒後に自動ログイン」といった挙動になります。

自動ログイン出来るか確認

設定が完了したら、再起動して自動ログイン出来ることを確認します。

自動ログイン出来ることが確認出来ました。

いかがですか。
そもそも、CentOS7でGUIを使う機会なんてあまり無いかも知れないですが、自動ログインさせる設定を覚えておくと、もしもの時に役立つことがあるかも知れませんね。

以上、あいしんくいっとでした( ..)φメモメモ

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly