ビジネスシューズも安すぎるのはNGかも?「安かろう悪かろう」という言葉は本当だった。

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

世の中不景気だし、商品は安ければ安いほど良いと思います。

でも、ハッキリ言って、安い商品には安いなりの理由があります。
素材がチープだったり、材料費ケチられてたり、製造工程を一部省かれてたり、海外に外注されてたり。
企業努力って言っても限界がありますからね・・・。

「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」

といった言葉もあるように。

安くて良い商品が理想なのですが、そんなものごく一部で、大半は幻想です(笑)
というワケで、今回は最近感じた「ビジネスシューズの安かろう悪かろう」について書いていきたいと思います。

これを参考に皆さんが「ビジネスシューズの安物買いの銭失い」にならないようになればいいかな?

ビジネスシューズ

通勤はスーツなのですが、特にオシャレにも気を使っているワケでもなく、足元のビジネスシューズも2,000円〜4,000円位の比較的安いのを履いていたのですが、「歳も歳だしな〜。」って最近になって思うようになり、ちょっと奮発して10,000円位のビジネスシューズを買ったのですが、次元が違いましたね。
ザッと挙げると、

  • 質感が違う
  • 靴ズレしない
  • 変な自信がつく(笑)

 

「変な自信がつく」というのは置いておいたとしても、質感が違ったり、何よりも「靴ズレしない」というのは衝撃的でした。
これまで3足くらい2,000円〜4,000円位の比較的安いビジネスシューズを履いてきましたが、いずれも靴ズレになりましたから。
なので正直、今回の結果には驚いています!

これまで履いていた靴。確か3,000円位だったと記憶しています。
3,000円とは言え、シロウト目では見た目そんなに悪くないかと。
(見る人が見れば、安い靴履いてんな~ってなってたかも知れませんけどw)

続いてこちらが10,000円の靴。
見た目もそんなに変わりはありません。
一見すると、「色が変わっただけやん?」ってなるのですが、両者には決定的な違いがあります。
それは、「靴ズレしなかった」です。

これまで安いビジネスシューズを渡り歩いてきたのですが、買った直後は必ずと言って良いほど、靴ズレをおこしていました。。。
でも、今回10,000円の靴だと靴ズレしなかったんですよね。
で、思ったんですよ。「やっぱり高い靴は違うな!」って。

靴ズレをおこした靴のかかと部分。

靴ズレをおこさなかった靴のかかと部分。
 かかと部分の見た目もそんな変わらないんですけどね。
でも、「目に見えない何か」があるんでしょうね。

その他の「安かろう悪かろう」たち

ビジネスシューズだけでなく、世の中には安かろう悪かろうが溢れているようです。

レンタルサーバは確かに「安かろう悪かろう」が如実にでそうですね。
本ブログが稼働しているレンタルサーバは安かろうだけど、そんなに悪くないけど・・・。

これは怖い!
口に入れるものは「安かろう悪かろう」では駄目なような気がします。
何かあってからでは遅いですから。。。

結局のところ、「安かろう悪かろう」は自分次第!

自分が納得出来るのであれば、「安かろう悪かろう」でも良いのかも知れない。

でも、歳を重ねるごとにあまり安過ぎるものを使っているとなんだか空しい気分になってきたのも事実。。。
例えば、スーツとかカバンとかしかり・・・。
やはり、歳相応のものを身に着けることによって得られる「男の自信」みたいなのってあると思うんですよね~。
仕事出来る人が「ヨレヨレのスーツ」着ているのなんて見たことないし・・・。

結局のところ、「安かろう悪かろう」は自分次第!

以上、あいしんくいっとでした(‘◇’)ゞ

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly